オンタリオスタイル編集部ブログ

ただいま、オンタリオ取材中です。
この時期は日照時間がとても長く、撮影も朝から遅くまで可能。
つまり、しっかりと働けてしまうわけです。

その後のお楽しみは…やっぱりビール。
オンタリオには多くの街に地ビール工場があり、
土地ごとに様々な味を楽しむことができます。

というわけで、リトル・イタリーで早速いただいたのは、
トロント郊外のブランプトンという街にある
Hop City Brewing社の「Barkin Sauirel Lagar」。


 
程よい苦みの奥に甘さのある、ビールらしいビール。
グラスも食事も進むというものです。
トロントの多くのレストランで楽しめますので、ぜひお試しを!

ヨシザワでした。

リッツの朝ごはん♪

2012/06/21-14:50:06

さて、以前の特集でご紹介しました「リッツ、ゴージャス体験」!!

クラブラウンジでも朝ごはんをしっかりといただきましたが、
ディナーでご紹介した「TOCA」にも、朝ごはんメニューがあるわけで、
食いしんぼうとしては、もらさずチェックしたいところ。

で、行ってきました。



はい、おなじみのエッグス・ベネディクト!

◆Vegetarian Benedict Mushroom & Spinach◆
ほうれん草ときのこのソテーがですね、とても美味。ポーチドエッグとあいまって、たまりません。
朝ごはんからしっかりと栄養満点♪

こちら以外にも、パンケーキやフレンチトースト、ヨーグルト&グラノーラのパフェなどなど、メニュー充実。
ビュッフェもありました。いろいろまんべんなく食べたければこれもいいな。

スタッフさんもスマートでありつつもフレンドリーで居心地よい空間。
宿泊せずとも利用したいお店ですね~。
(朝ごはんメニューは、毎日6:30~11:00までです)

まゆみ丼

Canadian Maple Cotton Candy

2011/12/07-17:16:44

前回、メープルタフィーをご紹介したので、メープルつながりということで...



そう、メープルのわたあめ!!

ナイアガラのワインメーカー(醸造責任者)たちに人気のレストラン、
ストーン・ロード・グリル
ナイアガラ産のワインが充実しており、
地元食材をふんだんに使った料理とともに楽しめるのが特徴、
...なお店だったんですが、やっぱり最後は甘いモノ!

そんなお店でみつけたスイーツです。

「はじめて見た~」と、わいわい(ひとりで)騒いでいたら、
優しいスタッフさんが、特別に作るところを見せてくれました!!



メープルシロップをオーブンでカラメル状にしてから冷やした状態のモノと
砂糖とをあわせて、わたあめマシンでぐるぐるとして、できあがり。だそう。

ほのかに香ばしく、なんだか懐かしい味わいでした。


まゆみ丼

メープルタフィー

2011/11/23-21:21:09

「寒い寒い」が少しづつ、口グセになりつつある今日この頃...。
日本各地で降雪のニュースや、スキー場もオープン! というのを聞くと、
あぁ冬が来るな~、というのを実感しますね。

オンタリオにもスキー場、あるんですよ、「ブルーマウンテン」。
麓には、ホテルやレストランなどが集まったビレッジがあり、
そこをブラブラとしていたところ出会ったのがコレ。



メープルタフィー!!

煮詰めたメープルシロップを雪の上に注ぎ、少しづつ固まったところをスティックですくうと、
やわらかーいキャラメルのように!

雪も降って寒い中、甘くておいしかったな~。
また食べたいな~。


まゆみ丼

(スキー場の紹介かと思いきや、食べものの話題で…スミマセン。詳しくはコチラで)

セカンドカップは、トロント生まれのグルメコーヒーショップ。
1975年に創業して以来、今やオンタリオ州内はもちろん、
カナダ全土に360店舗もチェーン展開しています。

先日、そのセカンドカップをなんとアラビア半島のオマーンでも発見!
もちろん、おなじみの濃い~コーヒーをいただきました。



調べてみると、他にもドバイやサウジアラビアなど、
アラブ諸国にはかなり出店している模様。
砂漠の国の青空に映える、カエデマークとアラビア文字のロゴはなんだか不思議。


 

日本にも早く登場しないかな~。


コーヒーも大好き! なヨシザワでした。

前へ 1,2,3 次へ Page 2 of 3