• ナイアガラの基本
  • アクセス
  • ホテル
  • 見どころ
  • 滝を見た後はココへ
  • グルメ情報
  • 冬もスゴイ!
  • マップ

雪と氷に覆われた白いナイアガラも必見です!

ナイアガラの滝がもっとも賑わうのは春から秋にかけて。一方冬は旅行者も比較的少なくなり、しばし落ち着いた雰囲気が漂います。他の観光客をあまり気にせず、じっくりと滝を眺めるには絶好のシーズンと言えます。またそれだけでなく、実は冬のナイアガラではこの時期にしか見ることのできないとびきりの美しさにも出会えるのです。
それは氷の滝。凍てつく中を流れ落ちる滝のしぶきが周辺の樹木などを覆って凍りつき、それが日の光を浴びてクリスタルのように輝くのです。その中を迫力の滝が流れ落ちる神々しい風景は、真冬に訪れた人だけが見られる特別のものです。また極寒の1〜2月には、上流にあるエリー湖から流れてきた氷が滝の下で橋のように固まる「アイスブリッジ」が見られることも。夏に訪れたことがある人も、新たな感動に出会えること請け合いです!

冬におすすめのアトラクション

冬の間、人気の遊覧船ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズは運休となりますが、滝周辺のそのほかのアトラクションはほとんど楽しむことができます。中でも、ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズでは、ガチガチに凍った滝の裏側を見ることができ、驚きいっぱい。またナイアガラズ・フューリーアイマックス・シアターは暖かい中で迫力の滝の映像や歴史を楽しむことができ、快適です。
また、11月から1月までは、光の祭典ウィンター・フェスティバル・オブ・ライツが開催。様々なイルミネーションが街中で点灯され、ライトアップされたナイアガラの滝とコラボするように輝きます。スカイロンタワーなどに上って上から眺めると、まるで光の海の上に立っているかのよう。これも冬にしか見ることのできないゴージャスな風景です。
さらに、1月には、恒例のアイスワイン・フェスティバルも行われます。ナイアガラ・エリアのワイナリーやホテルなどで、連日様々なイベントが開催され、名産のアイスワインの収穫を祝います。特設会場の氷のバーカウンターでいろいろなタイプのアイスワインをテイスティングするなど、ユニークな趣向もいっぱい。ワインファンはもちろん、ワイン初心者も楽しめるイベントです。