• ナイアガラの基本
  • アクセス
  • ホテル
  • 見どころ
  • 滝を見た後はココへ
  • グルメ情報
  • 冬もスゴイ!
  • マップ

轟音をあげて流れ落ちる「とどろく水」

世界3大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝。エリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川の中間地点に位置し、落差52m、幅675mで馬蹄型をしたカナダ滝と、落差34m、幅320mでまっすぐに流れ落ちるアメリカ滝(国境を越えたアメリカ側)の2つからなります。

とりわけ、カナダ滝は一大スペクタクルというべき迫力。膨大な水量と地底から響いてくるような轟音、そして高く立ち昇る水しぶきで、見る者を圧倒します。
先住民はこの流れを畏怖し「オンギアーラ」(とどろく水)と呼びました。それが、ナイアガラの名の由来ともいわれます。

カナダ側だけでも年間1500万人の観光客が訪れる人気スポットだけに、周辺にはホテルやレストラン、そしてさまざまなアトラクションもいっぱい。トロントから車で約90分というアクセスの良さもポイントです。

ナイアガラの旅にお役立ちのリンク