おいしいオンタリオ

食べて、旅して、楽しんで! カナダ オンタリオ州でグルメな休日 おいしいオンタリオ

オンタリオのグルメエリア Gourmet Area 広大な大地には、シアワセな味に出会える場所がいっぱい!

自然、アウトドア、そしておいしい旅を!

日本の3倍もの面積をもつオンタリオ州は、森と湖に彩られた豊かな大地。健康的な食材も豊富で、その恵みをナチュラルにおいしく楽しもうというヘルシーな食文化も浸透しています。
オンタリオならではの自然探訪やアウトドア体験とあわせ、食べることもひとつのテーマに訪れたい、そんなおすすめのグルメエリアをご紹介します。

トロント Toronto

マルチカルチャー・シティで、世界の味めぐりを!

トロントは、世界100カ国以上の文化が集まるマルチカルチャー・シティ。高層ビルが建ち並ぶ中心街から、点在するエスニックタウン、そして伝統的なマーケットエリアまで、ダウンタウンのいたるところで世界各国の美味しさに出会うことができます。もちろん、大自然の国カナダならではのナチュラル&新鮮な食材がベース。素材の良さと多様な食文化、その最強のコンビネーションで作り上げられるのが、トロントの味覚なのです。この街の中にいるだけで世界の味めぐりも実現します。いろいろな国の料理をハシゴして、プチ・ワールドツアーを体験しちゃいましょう!

トロント・ピアソン国際空港からトロント市内へは、シャトルバスやトロント市交通局(TTC)のバスを利用して、1時間~1時間半ほど。

ナイアガラ Niagara

カナダきってのワイン産地で、トップシェフたちのヘルシーなおいしさを

カナダ旅行の必見スポット、ナイアガラの滝。世界中から舌の肥えた旅行者が集まるこの地には、最近人気シェフたちによるこだわりのレストランが増えています。彼らが提供するのは、地元の食材を活かしたヘルシーで独創的な「ナイアガラ・キュイジーヌ」。また、一帯はカナダ最大のワイン産地でもあり、世界のワイン通も評価する稀少ワインと出会えるのも魅力です。迫力の大瀑布と合わせて、ナイアガラならではのおいしい食事とワインもたっぷり楽しめる、ここはまさにグルメ旅の注目エリアです。

トロントからナイアガラの滝までは約130km。レンタカーを借りて行く場合、およそ1時間半。バス(グレイハウンド・カナダ、コーチ・カナダ、ナイアガラ・エアバス)で1時間半~2時間。VIA鉄道、ゴー・トランジット(鉄道+バス)で約2時間。
滝からワイン産地の中心地のひとつナイアガラ・オン・ザ・レイクへは、夏季はWEGOバス+ナイアガラ・オン・ザ・レイク・シャトルバスを乗り継いでアクセスが可能。レンタカーの場合は、およそ20分(約23km)。

オタワ Ottawa

「セイバー・オタワ」が磨きをかけた、首都の洗練された味わい

カナダの首都オタワ。世界各国からの国賓も訪れるこの街には、一流シェフたちが腕をふるう、洗練されたレストランが多いのが特徴です。また高級店だけでなく、カジュアルなお店であっても、その質の高さには定評があります。この街の食のレベルを底上げしているのは、「Savour Ottawa(セイバー・オタワ)」というムーブメント。これは、新鮮で健康的なローカル食材を使って上質な料理を提供し、世界に向けてオタワの美味しさをプロモーションしようという試みで、レストランをはじめ、生産者、小売業者などが一体となって取り組んでいるものです。ダウンタウンには様々な国の料理が味わえるレストランがありますが、その多くが地元産にこだわって食材を仕入れています。この多様でクオリティの高い“オタワ料理”を、ぜひ味わってみてください。

トロントからオタワへは、エア・カナダ、ウエストジェット、ポーター・エアラインが運航。所要時間は約1時間。この他、VIA鉄道で4~5時間、レンタカーでおよそ5時間半(約410km)。

プリンス・エドワード・カウンティ Prince Edward County

注目ワイナリーや人気シェフの店をつなぐ美食街道「テイスト・トレイル」

オンタリオ湖の北岸に出島のように飛び出しているのが、プリンス・エドワード・カウンティ。オンタリオ州きっての美食地帯として人気のある場所です。
古くから豊かな農場地帯として知られ、一帯には伝統的な自然農法のファームや、果樹園、チーズ工房などが点在しています。また10年ほど前からはワイン生産が盛んになり、今では32軒ものワイナリーがオープン。家族経営の小さな施設がほとんどですが、それぞれに手作りで繊細な味わいの希少ワインを作り出しており、世界的にも注目されています。

もちろん、豊かな食材とワインに恵まれたこの地を料理人たちが放っておくはずはありません。近年、有名シェフなどが次々と店をオープンし、一大グルメエリアに。さらに人気レストランやワイナリーや農場などを巡る「テイスト・トレイル」という観光ルートもでき、トロントやオタワなどから田舎風景を楽しみながら食事を楽しみに訪れる人たちが増えています。地元のワイナリーや農産物など「おいしいもの」が一同に集まるイベント「テイスト!」(9月開催)も大好評です。

トロントからプリンス・エドワード・カウンティへ直行するアクセス方法はないため、レンタカー利用が便利(中心地ピクトンまで230km、約3時間)。あるいはトロントからVIA鉄道またはグレイハウンドのバスでベルビルへ行き(約2時間半)、ここからタクシーでプリンス・エドワード・カウンティへ入ることもできます(40km、約40分)。一帯ではワイナリーなどを巡るツアーも充実しています。また自転車を借りて自由に巡ることもできます。

ブルー・マウンテン Blue Mountain

名産のリンゴをいろいろなスタイルで!素朴さいっぱいの「アップルパイ・トレイル」

トロントの北、ジョージアン・ベイ南岸にある人気リゾートエリア、ブルー・マウンテン。このあたりはカナダ有数のリンゴ産地で、周辺には無数の果樹園が広がっています。もちろん、名産品はリンゴを使った様々なお菓子。素朴なアップルパイをはじめ、マフィンやドリンクまで、いろんな味わいで楽しむことができます。
こうしたリンゴスイーツを出している地元のレストランやベーカリーなどをつないで、リンゴ巡りを楽しめるのが「アップルパイ・トレイル」。現在30軒以上のお店が参加しており、それぞれにオリジナルのおいしさを提供しています。レンタカーを借りて地図を頼りにスイーツのハシゴ。それがこの地の楽しみ方です。

ベースとなるブルー・マウンテンへは、トロントからレンタカーを借りていくのが便利(170km、約3時間)。あるいはトロントからグレイハウンドのバスでコリンウッドへ(2時間50分)、ここからタクシーでブルー・マウンテンへ(25km、約30分)。ブルー・マウンテン内にもアップルトレイル参加店が何軒かあります。

ストラトフォード Stratford

手作りチョコの試食がうれしい!!甘い香り漂う「チョコレート・トレイル」

甘党の方にぜひ訪れていただきたいのが、ここ。イギリスのストラトフォードと同様、演劇祭「シェイクスピア・フェスティバル」が開催されるなど、シェイクスピアで盛り上がる街です。最近、話題のレストランがたくさん集まり、グルメタウンとしても有名に。毎年9月には食をテーマにしたイベント「セイバー・ストラトフォード・カリナリー・フェスティバル」も開催され、地元だけでなく各地から旅行者が訪れるほどの人気ぶりです。

そんなストラトフォードで、とりわけ注目されているのが、チョコレート。ここにはなぜか手作りチョコレートの店が多く集まっており、それらをつないで「ストラトフォード・チョコレート・トレイル」という観光ルートが提案されています。これは、オンラインか現地の観光局で$20のチョコレート・パスを購入すると、参加店20店のうち好みの8店でチョコレートの試食ができるというもの。参加店には老舗のショコラティエから、工場見学ができる工房まで、いろいろなタイプがあり、様々な楽しみ方ができます。

ほとんどの店はダウンタウンにあるため、徒歩で巡ることができ気軽に訪れることができます。ストラトフォードはトロントから日帰りでも行ける街ですが、パスは3日間有効ですので、泊りがけで訪れてチョコレート三昧の休日を楽しんでみるのもいいかも。

トロントからストラトフォードへは150km、約2時間のドライブ。またトロントからはVIA鉄道も運行(約2時間15分)。

PAGE TOP