おいしいオンタリオ

食べて、旅して、楽しんで! カナダ オンタリオ州でグルメな休日 おいしいオンタリオ

首都オタワでゴキゲンな食べ歩き!

  • 世界の味めぐりINDEX
  • おすすめレストラン
  • スペシャル情報
  • おいしいモデルコース
  • ナイアガラのグルメマップ
  • ナイアガラの旅行基本情報

お好みの1本が見つかる!おすすめワイナリー

たとえ短い滞在でも、食事はしっかり楽しみたい! というわけで、オタワをよりおいしく満喫できる、グルメのツボをご紹介します!ピクニックからフードツアー、そして食材にこだわったプログラムなど、行く前に知っておきたい情報を集めました。

1日中楽しめるバイワード・マーケット

1826年の設立以来、今もオタワ市民の台所として親しまれているバイワード・マーケット。約1km四方の一帯に新鮮なフルーツや野菜、メープルシロップなどの露店をはじめ、ユニークなブティックが並ぶ屋内市場まであり、お土産選びにも最適です。また約130店のレストランやパブもひしめき、人気店も集まっています。バーやナイトクラブも多く、日没後は夜遊びスポットに変身。毎日でも通いたい場所です!

オタワの食文化を盛り上げる「セイバー・オタワ」

農場地帯に囲まれ、新鮮な食材に支えられたオタワ。この豊かな食文化を、生産者やレストランなどが協力しあい、さらに向上させようという試みが「セイバー・オタワ」というプログラムです。地元の健康的な食材、それを最大限に生かした料理、そうしたこだわりがより上質のおいしさを作り上げます。店頭のSavour Ottawaのロゴがプログラム参加店の目印。

オタワの「おいしい!」を巡るフードツアー

ガイドとともに、エリアごとあるいはテーマごとに評判の食材店やレストランを巡って、オタワの美味を究めるウォーキング・ツアーはいかがでしょう。おすすめは、バイワード・マーケットを探検するセボン・グルメ・フード・ツアーの「Taste of the Byward Market」。約2時間半の間に、おいしい体験がギッシリ詰まっています!

オタワの夜はパブクローリング!

バイワード・マーケットや中心街のエルジン・ストリート、スパークス・ストリートなどに雰囲気のいいパブが集まっています。何件かをハシゴする「パブクローリング」をぜひ!

シャトー・ラファイエット (Map 8)

Chateau Lafayette

160年の歴史をもつ老舗。曜日ごとにライブやイベント開催。食事はありません。

サ-・ジョン・A (Map 21)

Sir John A

ドラフトビールは種類豊富。スナックやバーガーなど食事メニューも充実。

ザ・マンクス (Map22)

The Manx

クラフトビールの品揃えが自慢。メニューにはアジア風料理も。日・月曜はライブ。

首都の公園でのんびりピクニック

街全体に緑があふれのんびりとした雰囲気が漂うのも、オタワの魅力。そんな街の楽しみ方のひとつとしておすすめしたいのが、公園でのピクニックランチです。たとえば、国会議事堂前の芝生広場やオタワ川ほとりのメジャーズ・ヒル・パークなどにサンドイッチを持って行き、風景を楽しみながらゆっくりと食事を。首都の景観がひときわ身近に感じられます。

オンタリオの伝統的名産品メープルシロップ

メープルシロップはカナダの特産品。オタワの東側に広がるラナーク・カウンティは、その一大産地で、バイワード・マーケットにも多くの農家が出店しています。農家のなかには、旅行者が訪れて見学できるところもあり、また自家製シロップをその場で直接販売しているところもあります。春の樹液収穫シーズンには伝統的なお祭りも! 時間があれば、ぜひ足をのばしてみてください。

PAGE TOP