• おすすめキャンプ場
  • オンタリオ・キャンプの基本
  • モーターホームの旅

気軽に体験できる! おすすめのキャンプ場 Camping

アルゴンキン州立公園 Algonquin Provincial Park

カヌー&ハイキングを楽しみながら、のんびりレイク・バケーション

雄大な自然に出会えるアルゴンキン州立公園には10か所以上のキャンプサイトが点在。トロントから車で3時間という近さもあり、春から夏にかけては多くのアウトドアファンでにぎわいます。特におすすめはキャニス・ベイ・レイク(写真)とミュー・レイクのキャンプサイト。いずれも湖のほとりの森の中に広がっており、温水シャワーや水洗トイレ、ランドリーなどの施設も充実。日光浴やカヌーが楽しめるビーチもあります。また、ユルツ(大型テント)が常設されたサイトを借りることもでき、この中には2段ベッドやテーブル、なども備え付けられています。

サンドバンクス州立公園 Sandbanks Provincial Park

オンタリオ湖の美しいビーチをワイナリー巡りのベースに

ワイナリー巡りとグルメ体験で注目されているプリンス・エドワード・カウンティ。そのオンタリオ湖畔にひろがる巨大な砂丘地帯にこのサンドバンクス州立公園はあります。キャンプ場は園内に5か所。いずれも湖に面しており、黄金色の広大なサンドビーチで存分に遊ぶことができます。昼間ワイナリーを巡ってお好みの1本を仕入れ、夕方キャンプ場でサンセットを眺めながら乾杯。そんな楽しみ方もおすすめです。トイレ、温水シャワー、ランドリー完備。カヌー・カヤックのレンタルも可能。

パンケーキ・ベイ州立公園 Pancake Bay Provincial Park

先住民、そして開拓者の歴史が残る静かな湖畔へ

スペリオール湖に面して広がるパンケーキ・ベイ州立公園は、18世紀にカヌーを使って毛皮取引に活躍した人々がキャンプをしていた歴史ある場所。長旅のゴール直前のキャンプ地だったため、食べるものが小麦粉で作ったパンケーキくらいしかなかったためにこの名前になりました。もちろん、今湖畔に広がるキャンプサイトからはバーベキューなどのおいしそうな香りが漂ってきます。近くにある街スー・セント・マリーをベースに、アガワ渓谷へのツアー列車の旅などとあわせて楽しんでみては。またすぐ北に広がるレイク・スペリオール州立公園は、先住民の古い岸壁画が残ることでも有名です。ビジターセンターも一見の価値あり。キャンプサイトには、水洗トイレ、温水シャワー、ランドリー完備。カヌー、カヤックのレンタルあり。ユルツ常設のサイトもあります。

スリーピング・ジャイアント州立公園 Sleeping Giant Provincial Park

広大なスペリオール湖の絶景をバックに!

スペリオール湖に突き出したユニークなメサ地形の半島がスリーピング・ジャイアント州立公園。その名前のとおり、ここは先住民の巨人伝説が息づく神秘的な土地です。キャンプ場はその真ん中あたり、マリー・ルイーズ・レイクという大きな湖のほとりにあります。水洗トイレ、温水シャワー、ランドリー完備で、また9月から6月まではキッチン付のキャビン(写真右)の利用もできます。おすすめアクティビティは、湖の素晴らしい眺めを堪能できるハイキング。カヌーやカヤックをレンタルしてパドリングもおすすめです。ベースとなるのは、スペリオール湖北岸の街サンダーベイで、この周辺でもさまざまなアウトドア体験が楽しめます。

ブルース・ペニンシュラ国立公園 Bruce Peninsula National Park

青く透明なジョージアン・ベイで、心行くまで水遊び!

ヒューロン湖の西側、巨大なジョージアン・ベイを作り出しているのがブルース半島。その先端部にあるブルース・ペニンシュラ国立公園は、南国の海を思わせるような明るいブルーの湖水とそれを縁取るワイルドな海岸線が特徴で、特に夏には大勢のリゾート客が訪れます。キャンプ場は、公園内の水遊びポイントとして最も人気のある洞窟風の岩場グロットの近くにあります。ユルツ常設の便利なキャンプサイトも借りられます。温水シャワー設備はありませんが、昼間湖で水浴びをすればOK。また公園入口付近には「ペイ・シャワー」と呼ばれる有料シャワー施設もあります。

その他のキャンプ場 Other Campsites

州立公園のキャンプ場情報(英語)
地図上から州立公園を探すことができます。各公園の詳細ページからキャンプ場の情報も見られます。
オンタリオの国立公園のキャンプ場情報(英語)
各公園の”Activities”メニューの中にキャンプ情報があります。
民間のキャンプ場情報(英語)

これぞ本当の贅沢!自然の中で優雅な滞在。話題のグランピング体験

最近、世界的に注目されているのが「グランピング」。これは、グラマラス・キャンピングを略した新語で、ゴージャスな設備とサービスを堪能できるキャンプのことです。砂漠の中にしつらえられたアラブの王侯貴族のキャンプがそもそものイメージでしょうか。もちろんカナダでも大人気。大自然の中でまるで高級ホテル並みの優雅な滞在ができるのが魅力です。オンタリオでも、たとえば下記のような素敵な施設で楽しめます。

エリー湖畔でワイルドな休日を「ロング・ポイント・エコ・アドベンチャー」

エリー湖北岸のノーフォーク地方にあり、ハイキングやカヌー、ジップトレックなど自然の中で存分に楽しむプログラムを提供。敷地内の高台には全部で15棟の大きなテントがあり、内部にはキングまたはクィーンサイズのベッドや家具、そしてトイレや洗面所、アウトドア温水シャワーなども完備しています。テントサイドのデッキからはエリー湖を一望する素晴らしい眺めも。食事は含まれていませんが、すぐそばにある同経営のワイナリーや、周辺の人気レストランでのディナーをセットにしたパッケージもあります。巨大な望遠鏡を備えた天文台も併設されており、本格的な星空観察も可能!

北部オンタリオの大自然を舞台に「ワイルドエクソダス」

ティミンズをベースにノーザン・オンタリオのダイナミックな自然を楽しみながら、優雅なテントで過ごすグランピング・ツアー。3日程度のものから1週間まで、様々なパッケージが用意されており、手つかずの森のハイキングや、壮大な滝へのカヌーなど、ワイルドなアクティビティを満喫、先住民文化の体験なども楽しめます。遊んだあとは、森の中のキャンプサイトでゴージャスな食事。木々の香りに包まれてフカフカのベッドで眠り、小鳥のさえずりで目覚める・・・。夢のようなネイチャー・バカンスが実現できます。(Photo:WildExodus)

PAGE TOP