• おすすめハイキングスポット
  • ハイキングの基本

まずは準備を万全に! ハイキングの基本 Hiking & Nature Walk

散歩感覚で歩けるアーバン・トレイルから、数日かけてキャンプをしながら旅するバックカントリー・コースまで、広大なオンタリオ州では、様々なタイプのハイキングやウォーキングが体験できます。
都市の遊歩道などを散歩する程度なら、もちろん重装備の必要はありませんが、自然地帯でのハイキングを計画するなら準備を怠りなく。安全に歩き、オンタリオの自然をより快適に楽しむために、知っておきたい情報や必要な持ち物、準備のコツなどをご紹介しましょう。

準備していきたいのはコレ

カナダの自然の中を歩く場合も、装備は基本的に日本でのハイキングと同様です。服装は速乾性のあるTシャツなどと伸縮性のある歩きやすいボトムスをベースに、シューズや備品は最低限、次のものを準備しましょう。

●ハイキングシューズ

トレイルの難易度に合わせて、最適なタイプを選んでください。

●レインウエア

蒸れにくい素材がおすすめ。上下セパレートタイプ、ポンチョタイプなどあります。

●ザック

サイズはコースの長さに応じて。日帰りハイキングなら15~20Lの軽いデイパックでもOKです。

●帽子、サングラス、日焼け止め

オンタリオの日差しは侮れません。帽子はつばのあるハットタイプがおすすめ。

●水・行動食・ランチ

多めの水、クッキーやチョコレート、ドライフルーツなど、最寄りの街のコンビニなどで事前に購入を。ランチが必要な場合はホテルやグローサリー・ストアでサンドイッチ、ジュース、フルーツなどの調達を。

●その他あると便利なもの

虫よけスプレー、吸水性&速乾性のある高機能アンダーウエア、ごみ袋、軍手、ヘッドライト、トレイルマップ、コンパス、クマよけの鈴など。

秋口には暖かめのジャケットの準備を

オンタリオ州では、夏でも夜はかなり涼しくなる場合があります。フリースなど保温性がある素材で、脱ぎ着がしやすいミッドレイヤー・ジャケットがあると便利です。また紅葉が美しい9月下旬~10月中旬は、場所によっては時に霜が降りるほど冷えこむことも。ダウンジャケット、ニットの帽子、手袋など日本の冬仕様の装備を整えていくと安心です。

どこを歩く? 自分にあったトレイル探し

レベルにあったトレイルを選び、無理のない計画を立てるのも、ハイキングを楽しむためのポイント。州立公園や国立公園では、それぞれのウェブサイトにハイキング情報が掲載されており、トレイルの距離や難易度をチェックすることができます。
また、オンタリオ・トレイル・カウンシルでは「オンタリオ・トレイル・マップ」というウェブサイトを提供しており、州内全土のトレイル情報を網羅しています。地図から歩きたい場所を探し、詳細情報を得ることができ便利。観光ついでにちょっと周辺を歩いてみたい、というような場合にも役立ちます。

Ontario Trail Map
※「FIND A TRAIL」のメニュー内から「Hiking & Walking」を選択し、地図上から行きたいエリアのトレイルを検索

現地で最新情報をゲット

歩く前には現地でトレイルの最新情報をチェックしておくことをおすすめします。州立公園や国立公園内を歩くなら、各公園の事務所に一度立ち寄ってみてください。トレイルのコンディションや天気予報、野生動物の目撃情報やクマなどの出没情報などを確認することができます。

アクセスしやすいトレイルヘッド、標識も充実

州立公園や国立公園の中にあるコースをはじめ、オンタリオ州のほとんどのトレイルは無料で誰でも自由に歩くことができます。整備されたトレイルの場合、トレイルヘッド(出発点)はたいてい車でアクセス可能な道路脇にあり、駐車場も確保されています。トイレが設置されている場所も少なくありません。また、マップやコース情報なども看板に掲示されているので、ルートなど改めて確認を。
バックカントリー・コース以外のハイキングトレイル上には、ルートや距離を示すサインが要所に設置されていることが多く、セルフガイドでも比較的安心です。自分の安全のためにも、また環境にダメージを与えないためにも、トレイルからは外れないよう心がけてください。また食べ物の残りなども含め、ゴミは確実に持ち帰ってください。もちろんタバコなどの火の始末にも細心の注意を。

※州立公園や国立公園では、入場料が必要な場合もあります。

ガイド付のハイキング・ツアーもおすすめ

歩くことをいちばんの目的にオンタリオ州を訪れるなら、ハイキングをテーマにしたアウトドア・ツアーに参加してみては。日本の旅行会社が企画するツアーをはじめ、カナダのツアー会社が行っている現地発着ツアーなど、様々なタイプ、スタイルの旅が揃っています。

また、アルゴンキンやスリーピング・ジャイアントなど、とくにハイキングが人気の州立公園の中には、ナチュラリストと共に歩くプログラムを行っているところもあります。安心なうえ、トレイル上の草花や動物などの解説を聞きながら、より興味深く歩くことができます。各公園のウェブサイト内に、「Natural Heritage Education」あるいは「Interpretive Program」といった項目で紹介されています。

オンタリオ州立公園(英語)
※トップページの「Choose Your Park」メニューから行きたい公園名を選び、詳細情報へ

PAGE TOP