プリンス・エドワード・カウンティ

素朴なカントリーサイドでワイン&スローフードを満喫する。キングストンの西、オンタリオ湖に飛び出した出島のような一帯が
プリンス・エドワード・カウンティ(PEC)。かつての英国王子の名前をとった地名からもうかがえるとおり、ここは18世紀のアメリカ独立戦争以降、独立を嫌う英国王党派「ロイヤリスト」がアメリカから移り住み、農地を開拓し静かに生活してきたエリアです。なだらかな起伏の中に広がる田園や鮮やかなブルーの湖面を見せるオンタリオ湖など、昔ながらの素朴な景観が随所に残されているのが魅力。そののどかな風景の中を走り抜ける「ロイヤリスト・パークウェイ」は、絶好の
ドライブルートともなっています。穏やかな気候に恵まれ、ロイヤリストの時代から農場や果樹園の多かった場所ですが、近年はその土壌の良さが注目をあつめ、安全性を追求したオーガニックの農場やチーズ工場、新しいワイナリーなどが続々と誕生しています。さらにはトロントの有名シェフが移り住んで、こだわりのレストランをオープンするなど、様々な「食」のムーブメントが相乗的にわき起こっており、今ではカナダ有数のグルメエリアに。トロント、またはオタワから気軽に足を伸ばして、心にも体にもおいしい田舎の旅を楽しんでみませんか。

のんびり、おいしく楽しむPEC

プリンス・エドワード・カウンティの基本旅行情報