オンタリオスタイル 読者の旅レポート2 旅レポート一覧へ戻る

フォトコンテスト最優秀賞の旅

2010年〜2011年に実施したオンタリオスタイル フォトコンテストで見事、最優秀賞を受賞した上田さん。
この秋、再びオンタリオを訪れ、「AVISレンタカー」を利用して各地をめぐった感動を、ステキな写真とともにレポートして
いただきました。

ナイアガラ

ナイアガラ滝を美しく捉えたく上から下からアングルを変えて撮影を試みた。

①空から(ヘリコプターで滝の全貌、あっという間の9分間C$135のツアーでした)
シートベルトとイアフォンを着用するとヘリコプターがデパーチャー。椅子に座った身体90度が急に0度、滝は真下になりビックリ、ドッキリ、スリル満点。ナイアガラ一帯と滝の前後の流水の姿を見渡せ雄大さを実感、迫力度上る。Wow!ウアォ! 感動、感激である。

②横から(テーブルロック・コンプレックス展望台とパークウェイ)
流れ落ちるカナダ滝を近くから見ることが出来る、せり出したテーブルのような展望台。それがテーブルロック・コンプレックス展望台だ。幸せに流れてきた水が綺麗に透き通った緑の水となって急激に流れ落ちていた。物凄い轟音と勢いに圧倒された。

③裏側から(ジャーニー・ビハインド・ザ・フォール)
手渡された黄色のレインコートを着て、エレベーターで降りトンネルを抜けると滝の真横。この日は強風で滝の飛沫が容赦なく振りかかり撮影場所が限られた。暫く待った後に仕方なく柱の陰から滝の上部だけを瞬時撮影した。
二ヶ所の覗き穴からは滝の裏側を見ることが出来た。といっても隙間もない土砂降り雨のカーテンの感じで何も見えない轟音のトンネルでした。

④下から(メイド・オブ・ザ・ミスト 霧の乙女号)
滝壷へ接近、突入。手渡されて着た青色のレインコートも滝の飛沫でずぶぬれ、話声も聞こえぬ轟音である。滝の真下で停留する船上で凄いナイアガラを体験した。ヘリコプターと霧の乙女号で偶然ご一緒で、親しくなったニューヨークから着たというラッセルさん夫妻と「Wow!ウアォ!」「Great!グレイト!」ハイタッチで喜びを分かち合った。

ナイアガラ・オン・ザ・レイク (ワイナリー / ジャクソン・トリッグス)

カナダ初日の夜に味わったワインが美味しく、空瓶ラベルを携えてワイナリーを訪問した。ジャクソン・トリッグスは快く迎えてくれ広大な葡萄畑で気候と栽培法を、製造工程見学ではプロセスの説明などを、ワインのテイスティングでは美味しい飲み方を教えてくれた。
評判の高いアイスワインは、凍るまで収穫を待って製造する美味しいワインであることを知った。寒暖の差が激しく葡萄栽培には厳しすぎる気候条件だったのを、接木法を開発したり、風車を使って凍らない様にする等の様々な工夫をされているとのこと。その葡萄畑は広大な平地でフランス、イタリア、スイスなどのヨーロッパで見た傾斜地栽培とは違うものでした。撮影に美しく楽しいビュースポットだった。

キングストン

キングストンは雨にたたられ夕刻のホテルチェックインから翌朝のチェックアウトまで休養となった。軍港・水の都といわれるこの街を部屋から撮った運河風景がオンリイワンのワンカット。

オタワ

巨大な彫刻蜘蛛は国立美術館前広場。
バイワード・マーケットでは屋外の農産物マーケットが品物豊富で色とりどり、撮影には魅力的だった。マーケットの人達のフランス語のシャワーを浴びながら、写真を撮らせてもらった。
オタワ観光事務所のおじさんは親切にケベック州の道路マップ販売所を紹介してくれた。
日本語と片言のフランス語のチャンポン語で盛り上がり、親しくなれた。マナーを守り買い物をする、そして楽しく接すると大変歓迎的になってくれる。
マーケットは嬉しい街、その地方の人々や生活を知ることができる新しい楽しみの場であることを再発見した。

トロント

カナダ最大の都市。ブロア通り周辺はブティック、カフェ、レストラン等が多いダウンタウンで流行の発信地とのことだった。又ちょうどこの日がオールナイトのイベント・デイだった。夜通しでストリートミュージックや若者のパフォーマンスが行われていた。
チャーチ・ストリートの教会の建物が中世の歴史を物語る魅力的な被写体だった。

発見した旅の楽しさ&喜び

今まで見聞きして得た知識や願望は多かった。旅の知識や願望は本や教科書、新聞・テレビで羨ましさを培養され、何時かやってみたい気持ちが膨らんでいました。
1年後に古希を迎える私には「忘却(物忘れ)」は縁遠いものと勝手に思っていたが最近の記憶の忘却度(例えば漢字の忘却率)が増している感が確かにあります。
実際に実行したり旅をしてみたりすると、目に焼きつく体験なので記憶を呼び戻すパワーを発揮してくれます。改めて五感を重複させて記憶と体力維持に挑む所存です。
旅の楽しさ&喜びはその土地を知ること、知らない街を歩いてみたい、この願望でしょう。
楽しく旅をして喜びを作ろう、若さを保とう。そして良い撮影をしよう。これが私の願望です。

上田さんが利用したツアー会社
(株)オーバーシーズトラベル
エイビスレンタカー