Ontario Style Special Contents Vol.4 写真家・大竹英洋のノースウエスト・オンタリオ その1 〜森と湖の世界〜

写真家である自分がここ数年カナダをフィールドに選んでいるのは、友人に連れられてオンタリオ州北西部へカヌーの旅に出たのがきっかけでした。森と湖の織りなす美しい光景と、野生の息づく豊かな自然。そんな世界にすっかり魅せられて、これまでに何度もこの地方に足を運んできました。自然の奥地を旅して感じたこと、その畔で生きる人々の暮らし、個性的な町のことなど、これまであまり知られることのなかったオンタリオ州北西部の姿をお伝えしたいと思います。

大竹英洋(おおたけひでひろ)

写真家。1975年生まれ。一橋大学社会学部卒業。1999年よりアメリカ・ミネソタ州からカナダ中央部にまで広がる湖水地方 「ノースウッズ」に通いつづけ、野生の意味・自然と人間とのつながりを問う作品を制作。雑誌、絵本、写真展などで発表し ている。主な著書に『春をさがして』(『月刊たくさんのふしぎ』2006年4月号、福音館書店)、『ノースウッズの森で』(『月刊 たくさんのふしぎ』2005年9月号、福音館書店)。

はてしない森と湖の世界

スペリオール湖の北岸にはじまり、北をハドソン湾、西をマニトバ州に囲まれたオンタリオ州北西部。州の面積の3分の2を占めるほど広大な土地ですが、これまで、日本人の旅行者には情報がほとんどありませんでした。短期滞在者にとってはアクセスが悪く、カナダを横断するような長期滞在者にとっても、バスや列車の中で眠っているうちに通り過ぎてしまうような、辺境の空白地帯だったのです。
しかし、ぼくにとってオンタリオ州との出会いはここから始まりました。アメリカに暮らす友人に連れられて、マニトバ州と接する北西の果て、ウッドランド・カリブー州立公園でカヌーの旅をしたのがきっかけです。旅の期間は3週間。一艘のカヌーにキャンプ道具をつめこんで、道路も電線もない原生林の奥へ分け入ってゆきました。
その先に広がっていたのは野生の息づく森と湖の世界でした。空にはハクトウワシが悠々と舞い、湖の島の上ではカナダガンが卵を抱いていました。森のなかにはオオカミの気配がいたるところに満ちあふれ、風や雪に倒された木がいくつも折り重なるようにして横たわっていました。
動物も植物も、生と死が隣り合わせに存在する、混沌として荒々しい自然の姿。そんな光景に魅せられ、何度もこの地に足を運ぶようになりました。そこでわかってきたのは、ウッドランド・カリブー州立公園だけでなく、北西部全域にわたって、同じように野生の世界が残されているということでした。3週間どころか、3ヶ月旅をしても、まだ果ての見えない自然の広がりがそこにあったのです。

針葉樹と広葉樹がまじる北国特有の森と無数の湖が、地平線の彼方にまでつづいていました

木の上で営巣するハクトウワシ

オオカミに襲われたムース(ヘラジカ)の骨

湖水地方の成り立ち

オンタリオ州の地図を見ていても、なかなか北西部のイメージは浮かんできません。湖の数があまりに多すぎて、省略されてしまうからです。機会があれば、クエティコワバキミウッドランド・カリブーといった、北西部を代表する州立公園の地図を見てください。州の大きさからすれば、わずかなシミのような面積ですが(それでも東京都の2倍以上あります)、その中にちらばる湖の多さを見て、きっと驚くことでしょう。それはもう、「みずびたし」と言っても良いような地形なのです。
そもそもどうしてこのような湖水地方が出来上がったのか、その理由は氷河期にまでさかのぼります。最後の氷河期が終わる一万年前まで、このあたり全域は厚い氷河に覆われていました。その後、氷河が溶け、下から岩の大地が現れました。カナダ楯状地(かなだたてじょうち=Canadian Shield)と呼ばれる、先カンブリア時代に作られた世界最古の岩盤です。その岩の大地に、氷河の溶けた水や雨が溜まり、いまも残る無数の湖となりました。そして陸となった部分に草が生え、木が育ち、森が生まれたのです。
この地方を旅していると、湖の岸辺であたりまえのようにみかける固い岩。それは地球の歴史を考えれば、つい最近むき出しとなった、地球の素肌です。目をこらしてみれば、氷河が流れるときにつけた傷跡を読み取ることができるかもしれません。

岸辺の岩を覆う地衣類が、不思議な模様を描き出していました

森に落ちている巨大な岩も、氷河によって運ばれてきました

冬の寒さが厳しく、草木の分解が遅いので、一万年を経たいまでも薄い土壌しかありません

静かな旅を求めて

オンタリオ州北西部には、ナイアガラの滝のように、誰もが息をのむような自然の造形美はありません。そして、ロッキー山脈のように、変化に富んだパノラマが広がっているわけでもありません。むしろ、どこまでいっても平坦な森と、同じような湖がつづく、気の遠くなるような単調な世界です。
でもぼくは、それだからこそ味わえる、静かな旅に惹かれてこの地に通いつづけてきました。
この地方を好んで旅する人は、それぞれに自分だけのお気に入りの湖を持っているような気がします。カヌーに何日分ものキャンプ道具を積みこんで、ゆっくり時間をかけてその湖を目指すのです。はじめてこの地に連れてきてくれた友人もそんな旅人の一人でした。

ある年の秋、森のなかでひとり、キャンプをしていました。満天の星空の下、しんと静まりかえった湖の畔で、燃えさかるたき火の炎を見つめていました。もう何週間も人と会っていません。そのとき、不思議な気持ちがしました。はるか昔であるはずの氷河期のことが、人間の歴史を飛び越えて、つい最近のことのように思えてきたのです。そして、都会の喧騒よりも、頭上に輝く星たちの方が、手の届きそうなほど身近な世界に思えたのです。
自然を近くに感じるために必要なのは、見た目の美しさよりも、自然の広がりと、そこで過ごす孤独な時間なのかもしれません。

晩秋のウッドランド・カリブー州立公園
一ヶ月のキャンプの間、誰ひとりすれ違うことはありませんでした

カヌーに乗って、お気に入りの湖を目指す。それがオンタリオ州北西部ならではの旅のスタイル

[ 次回予告 ] 次回はこの地方を旅するのに最適な乗り物「カナディアン・カヌー」についてお話しします。