Ontario Style 新しいカナダを発見する旅 - Ontario Style Special Contents Vol.17 3媒体連動企画 [Vogue.com、4travel、趣味人倶楽部 ] オンタリオの旅 現地取材レポート!

  • ワイン&料理コース
  • ソフトアドベンチャーコース
  • 歴史&文化コース

ソフトアドベンチャーコース

オンタリオ特派員として、夫婦でカナダの大自然のアトラクションに挑戦した山下隆司さんと美智恵さん。心と体いっぱいにオンタリオ州を満喫した2人が全力でレポートします。

山下隆司さんと美智恵さん
山下隆司さんと美智恵さん
【Tour Schedule】
1日目成田空港発〜トロント空港着
〜ナイアガラへ移動
2日目ナイアガラの滝でアトラクション体験
車でトロントへ。着後、市内観光
3日目マスコーカ地方へ移動
アルゴンキン州立公園で
紅葉ハイキング
4日目トロントへ移動〜VIA鉄道でオタワへ
5日目オタワ観光。
ガティノー公園でハイキング
6日目オタワ空港発〜トロント空港乗り継ぎ
7日目成田空港着

1日目 出発(成田⇒トロント⇒ナイアガラ)

17:00発のエア・カナダAC2便で出発。直行便だけど約12時間の長旅。座席にあるオンデマンドの映画を堪能したかったが、この日は気流の関係で揺れが多く、機長のコメントで何度も中断されて映画に集中できないし、寝るタイミングを逃す・・・と、不安なスタートだった。でも、退屈しのぎに席を立ってウロウロすると、後ろの窓からアラスカの景色を発見。その雄大さに感激して一気にテンションが上がった。

トロント空港に到着後は、すぐにナイアガラのホテル Hilton Niagara Fallsに移動し、18:00過ぎにはチェックイン。泊まった部屋は増築したばかりの高層棟の角部屋で、“Hilton”のイメージ通り広くてモダンな雰囲気。部屋の両サイドに大きな窓があり、アメリカ滝、レインボーブリッジ、Skylonタワーやナイアガラの町並みが49Fの高さから楽しめて満足!夕食はホテル内の「ウォーターマークレストラン」で他の組と一緒にウェルカムパーティディナー。ライトアップした滝を見ながら、贅沢に新鮮なシーフードやワインをたっぷりと頂く。楽しい食事でリラックスした後は、ホテル前にあるCASINOにデビュー!たまに鳴るベルにワクワクさせられながら、ルールを理解した頃にはどんどん消える小銭たち・・でも楽しかったなぁ♪

2日目 ナイアガラの滝〜トロントへ

ナイアガラの滝でアトラクション 展望台のテーブルロックからカナダ滝を上から見る。写真で見たことはあったが、直に見るのは全然違い「すごい」という言葉しか出てこない。目の前で落ちて行く水を見ていると吸い込まれそうになる。エレベーターで38m下りて滝壺の裏側にでるジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズでは、トンネル途中のデッキで滝をすぐ横から見ることができるが、横なぐりの強烈な風と水しぶきで台風中継状態だった。配られたレインコートでは服の袖と裾がビショビショに。 次に少し下流へ移動して参加したワールプールエアロカーは、乗り込む直前でゴンドラが枠組みだけで壁がないことにビックリ!カメラを落とさないように気を付けながら景色を楽しんでいると、折り返し地点で周りが騒がしい。え?MOVE?反対側の景色を見るために半周移動させられるらしい・・・。気が利いているが、かなり怖かった!最後はもう一度滝へ戻って霧の乙女号!間近で見る滝の景色も素晴らしかったが、ワーワーキャーキャー言いながら滝の水を浴びるのが、想像以上に楽しかった!

トロント・エスニックタウン世界一周旅行 大都市トロントに入って、すぐ目を引いたのが日本の塾でおなじみのKUMONの看板!「えーカナダにあるー」と驚いていると、ガイドさんから「周りの子が通っているけど、けっこう評判がいい」とのこと。へぇーやるなぁ〜公文。日本のものを褒められると関係者でもないのに何だか嬉しくなる。エスニックタウンに入ると、突然それまでの英国風の町並みから大きく変わる。チャイナタウン、コリアタウン、リトルイタリーなど、お店が集結しているというよりそのストリート毎に国があるみたいで、ガラッと雰囲気が変わる様子を車から見ているだけでもとても面白い。特にケンジントン・マーケットには、カラフルな小物やビンテージっぽい服の小さなお店が並んでいて、古着が好きな人にはたまらないと思う。

3日目 アルゴンキン州立公園の広大な大自然でアクティビティ

翌週にクランベリーフェスティバルを控えたBALAのクランベリー農園を見学。使われていない赤土の畑が紅葉しているみたいに見える〜と近づいていくと、それは赤土ではなく、水面に浮かんだクランベリー!!葡萄畑のような姿を想像していたが、クランベリーは地面より一段低いところに植え、収穫の時期に水を張り、浮いてきた実を一気に収穫するらしい。その大胆な発想と不思議な光景にびっくり。実を試食してみると全く甘くない。というよりとても酸っぱい!でも、試飲させてもらったクランベリーワインは、赤も白もとっても甘くて美味しい!現地の人は、煮詰めてサンクスギビングディのターキーのソースにするらしく、大きな袋に詰められた実を沢山買っていた。

アルゴンキン州立公園 に到着。豊かな水源や森林を守る為に設立された公園とのことだが、面積が東京都の3.5倍もあり、広大な大自然の森といった感じ。どこまでも続く紅葉したメープルと緑の松、それと無数に点在する湖や池。想像を遥かに上回る迫力と美しさに早くも感動!いくつもある散策コースの中で、一周約2kmと手軽なLookout Trailへ。空気が澄んでいてとても気持ちがいい。紅葉の写真を撮ったり、存在感のある大きな岩を触ったりしながらのんびり進むと、30分くらいで森を抜ける。そこはなんと、左右180度に渡って森を上から見下ろせる高台!視界を遮る物がない為、木々の水平線が見える超絶景!雲間から差し込む日の光と、その光に照らされた一面の森。その神秘的な光景は思わず息を呑む美しさ。1時間弱で回れるコースなので、絶対にお薦め!ビジターズセンターでは、日本人ナチュラリストの熱心な説明を聞くことが出来た。絶滅しかけた狼の子孫がこの公園で発見された話になり、「自然が戻ってきている。この地球もまだ捨てたものじゃないなと思う」の言葉にジーンと感動した。センターの展望台からは、双眼鏡で親子連れの熊を見ることもできた。この公園には50種類の野生動物がいるらしいが、水辺でムース(へらじか)を見たり、狼の遠吠えが聞けたりすることもあるらしい。またチャレンジしてみたい。

宿泊ホテルはハンツビルにあるDeer Hurst。来年G8の開催地になることも納得の豪華さ。部屋も2LDK+2バスルームと広く、しかもレイクビューで大満足。そして、この日は私たちの結婚記念日だったので、ホテル内のレストランでお祝いシャンパン&ディナーを堪能。旅行のお礼に夫にジョギング用の時計をプレゼントすると、誕生日だと思ったスタッフから「ハッピーバースデー」と声を掛けられていて思わず笑ってしまった。

4日目 VIA鉄道〜ユニオン駅(トロント)⇒オタワ駅

VIA鉄道でユニオン駅からオタワ駅まで約4時間の旅。チケットを片手に乗り場で待機していると、平日の昼だというのに、いつの間にか後ろは長蛇の列!カナダの人にもVIA鉄道の人気は高く、乗車することが一種のステイタスになっているらしい。スーツケースと既に大量に購入したお土産を荷物スペースへ置き、席に着く。辺りをキョロキョロ見回すと、車両スタッフがせっせと荷物の整理やコーヒーの注文対応をしながらも、近くの乗客に「席に座らずに立っていたらタダ(無料)でいいよ」とか「隣の車両へ行くドアの開け方を知りたい?知りたくないの?」などと、冗談なのか本気なのか分からないことを言って盛り上がっている。笑顔とユーモアで車内の空気を楽しくさせているのが素敵だった。列車のレトロな窓から見る景色は、見渡す限りの草原や、木々の隙間から見える大きな湖などで、気分は完全に「世界の車窓から」。(実際にVIA鉄道も撮影されたことがあるらしい。)あ、キツネ!一瞬のできことで写真は撮れなかったけど、癒されるなぁ。

5日目 カナダの首都を歩きつくす

オタワ ではまず国会議事堂へ。セキュリティチェックをパスしてピースタワーの最上階に上がると、オワタ市内やケベック州が遠くまで見渡せて絶景!次にバイワードマーケットに行き、お土産のメープルシロップをまとめ買い。すると、目の前のビーバーテイルのお店がオープン。お昼が近いのに誘惑に勝てず、現地ガイドさんオススメの“シュガーシナモン&レモン”をガブリ!甘さとレモンの酸味が絶妙で期待以上に美味しかった。ランチは、7月にカナダを訪問された天皇・皇后も召し上がったという“スモークフィッシュ”と“有機野菜”が自慢の小さなレストラン。スモークしたびん長マグロがメインのサラダプレートを注文すると、中はお刺身みたいにフレッシュでものすごく美味しい!有機野菜も絶品で、素材へのこだわりを感じる一皿だった。デザートも甘さ控えめで最高!次回も絶対立ち寄りたいな。

食後はピンクレイクへ移動し、緑色なのに澄み切った幻想的な湖に感動しながら湖畔を散策。また戻って、のんびりとリドー運河クルーズ。都会の町並み、買い物、大自然の全てを満喫できる一日だった。

6〜7日目 帰国〜旅のまとめ

オンタリオ州には、大迫力のナイアガラの滝、予想外のカジノ、神秘的な大自然のアルンキン州立公園、様々な国の雰囲気が楽しめるトロント、都会と自然を併せ持つ首都オタワと、各都市でジャンルの違う楽しみがあり、旅行中ずっと興奮と感動の連続だった。
そして、あちこちで見かけるかわいらしいメープルリーフの国旗に“カナダ愛”を感じたり、片言の英語で話しかけた時でも、ニッコリしながらゆっくりとした口調で対応してくれるカナダの人の優しさを至る所で感じたりして、なんだかとても癒される旅だったなぁ。帰ったばかりなのに、もう次回のことを考えてしまう。今回は運良く紅葉のピークを楽しめたので、次回は初夏か真冬もいいなぁ♪
最後に・・・こんなに素敵な旅をプレゼントしてくださった主催者・関係者の皆様に大感謝です!担当してくださった日本人ガイドさんも最高でした!ありがとうございました!