カナダでスーパーショット!オンタリオスタイルのゴルフツアーができました

  • トップ
  • オンタリオのゴルフ場事情
  • ゴルフ場ガイド

旅レポート

  • ナイアガラ
  • マスコーカ
  • トロント

ゴルフ、滝、グルメ、ショッピング・・・。徹底的に楽しみました!

オンタリオのゲートウェイ、トロントに到着後2人が向かったのは、滝観光で有名なナイアガラ。トロントからは車で約90分の近さです。ここはいうまでもなくカナダきっての観光スポットですが、ゴルフ場密集地帯としても知られる場所。滝の周辺一帯だけで30カ所ほどのコースが集まっています。このエリアの魅力は、何といっても滝やワイナリー巡りなど、それ自体が旅の大きなテーマとなりそうな見どころやアトラクションがたっぷりあること。ゴルフはもちろん、あれもこれも欲張って楽しめる密度の濃さです。

まずは滝観光からスタート。迫力の水しぶきを全身で体感!ナイアガラについたのは、日本を出発した同日の夜。この日は軽く食事をして、あとは眠るだけ。これは楽なスケジュールです。
そして翌朝、ゆっくり起床。ゴルフへのはやる気持ちをぐっと抑えて今日は1日観光に徹する予定です。「時差もあるし、ロングフライトの翌日のプレイでは、体が思うように動かないのよ」と高田プロ。余裕をもったスケジュールがポイントのようです。
もちろん、最初に訪れたのはナイアガラの滝。ゴルフが目的の今回の旅ですが、やはりハイライトとなるのはここです。とくに初めてカナダを訪れた熊谷プロは、水煙が立ち上がる滝の豪快な風景と轟音に、大興奮。テーブルロックから迫力満点の全景を眺めた後は、遊覧船「霧の乙女号」で滝つぼへ。まるで台風の中に突入してしまったかのような暴風と水しぶきを浴び、ずぶぬれになりながらも大喜びでした。さらにヘリコプターに乗って滝の上空を遊覧飛行。真上から眺めるその全貌にふたたび驚きの声が上がりました。以前にもナイアガラを訪れたことのある高田プロも、「何度見てもこの滝はすごいわね。とくにヘリの遊覧飛行は迫力満点!」と改めて感動した様子です。

お洒落な街ナイアガラ・オン・ザ・レイクでアフタヌーン・ティ大迫力の滝を堪能した後は、リゾートタウン、ナイアガラ・オン・ザ・レイクへ。滝から、ナイアガラ川沿いに走る風光明媚なドライブルート「ナイアガラ・パークウェイ」を20分ほどドライブ。川がオンタリオ湖に注ぐ河口部にある美しい街です。19世紀の英国植民地時代の街並みがそのままに残されたクィーン・ストリートを散策。手作りジャムのお店や紅茶の専門店などを覗いて歩いているうち、2人とも少女のようなかわいらしい笑顔に。 そしてひときわ優雅な建物で、街のランドマーク的ホテル「プリンス・オブ・ウェールズ」のドローイング・ルーム(応接室)でランチ代わりのアフタヌーン・ティ。ビクトリア朝のインテリアの中、たっぷりと用意されたケーキやサンドイッチ、スコーンなどとともに、好みの紅茶が楽しめます。ゴルフ場で見せるアクティブな表情から一転、上品な空間とかぐわしいお茶の香りを、ちょっぴり気取りながら楽しみました。

ワインとともにナイアガラキュイジーヌ体験も!午後はナイアガラ・オン・ザ・レイク郊外のワイナリーへ。ナイアガラ地方はカナダ最大のワイン産地。ナイアガラ・オン・ザ・レイク周辺だけでも30以上のワイナリーが集まっています。赤・白さまざまなタイプのテーブルワインをはじめ、世界的にも評価の高いアイスワインなどを生産。ほとんどのワイナリーがオープンで、旅行者も気軽に立ち寄れるようになっています。
2人が訪れたのは、街の中心から車で10分ほどの近さにあるストゥルーン・ワイナリー。ブドウ畑を散策し、日本人スタッフのいるブティックでテイスティングをしながらお土産のワインを購入。そして併設のレストランでゆっくりとディナー。地元産の野菜とチキンのソテーをストゥルーンの赤ワインとともに。もちろん締めはデザート代わりのアイスワイン。「こんなのんびりとした旅っていいわね」と熊谷プロ。

ゴルフ場密集地帯で、人気の2コースをハシゴ翌日、いよいよゴルフ場へ。たくさんのゴルフコースが密集するナイアガラでもとりわけ人気のコース「ロイヤル・ナイアガラ・ゴルフ・クラブ」と「レジェンズ・オン・ナイアガラ」の2カ所でプレイを楽しみました。いずれもナイアガラの滝から車で15分足らず。滝周辺のホテルに滞在していたため、ゴルフ場まですぐにアクセスでき、とても便利です。それにしても1日のうちに18ホールのコースを2カ所制覇とは、さすがプロ。ふたりとも本当にタフです。
「カナダのゴルフ場はカートを利用してサクサク回れるので、18ホールも4時間くらいで回れてしまいます。とはいえ、アマチュアの方が楽しむなら、やっぱり1日1コースをのんびりと楽しみむのがおすすめですね。朝イチからスタートして、午後早めにホールアウト。その後はホテルのスパでリラックスしたり、買い物をしたり。そんな過ごし方が理想的でしょう」と高田プロからのアドバイスです。

宿泊は滝の見えるホテルでナイアガラで高田プロと熊谷プロが泊まったのは、滝の目の前にそびえるシェラトン・オン・ザ・フォールズ。フォールズ・ビュー・ルームからの滝の眺めは抜群です。とくに夜、部屋にいながらにしてライトアップされた滝を見下ろす気分は最高。写真は13階にあるフォールズビュー・レストランの滝を見渡せるテラスで、イケメン日本人マネージャーのマサ・スズキさんとともに。