Ontario Style Special Contents 編集部“まゆみ丼”が味わい尽くした!オススメSWEETS第2回

ジョージアン・ベイ南岸のリゾート地ブルー・マウンテン周辺には“アップルパイ・トレイル (Apple Pie Trail)”なるものがあるのだとか。アップルパイの道? 気になる!なんてステキな響きなんでしょう。編集部きっての食いしん坊、私まゆみ丼が、そんな魅力的な名前を見過ごすわけにはいきません!!
なんでも、このエリアはカナダでも有数のりんご産地。ナイアガラ・エスカープメントと湖とがもたらす穏やかな気候と豊かな土壌が、おいしいりんごを育てるのだそう。そして、秋の収穫後に作られるおいしいアップルパイは、この地域の名物ともいえるもの。このエリアを訪れた方にも、ぜひその伝統的な料理を食べて欲しい! と、この“アップルパイ・トレイル”というプロジェクトができあがったそうです。 ふむふむ、おいしそうな予感がたっぷり。
はりきって、真冬のオンタリオへ。アップルパイをはじめとするりんごスイーツ全7品をとことん食べ比べてきました!


※掲載の情報は、2010年2月現在のものです。

アップルパイ・トレイルとは?

ジョージアン・ベイ南岸、ブルー・マウンテン周辺の街(ブルーマウンテン・ビレッジ、ソーンベリー、コリンウッドなど)にある28のレストランやカフェなどが参加して、アップルパイなど各店独自のりんごスイーツやドリンクを提供。りんごを通じて街を楽しむことができる仕組みです。目印は「アップル・シェフさん(勝手に命名!)」のサインのあるお店。サイトからマップのダウンロードが可能です。

Blue Mountain Village

シャキシャキの煮りんごが美味ブルー・マウンテン・アップル・パイ C$5.85 (アイスのせは+C$1.5)

アイスクリームをトッピングするのが人気

オリジナルレシピのアップルパイには、挽きたてのシナモンがたっぷりと。とてもさわやかで上品な香り! 甘さ控えめのパイ生地に、りんごのほどよい酸味が加わって、それがいいアクセントに。いくつでも食べられそうな味わいでした。店内には、オーガニック&ローカルの食材にこだわったサンドイッチ、ベーグル、スープをはじめ、シナモンロール、クッキーなどスイーツも充実。コーヒーだけでなく、ワインやビールも楽しめます!ブルー・マウンテン・リーゾート内にある、おしゃれな雰囲気のカフェです。

■Royal Majesty Espresso Bar Bakery
http://royalmajestyatblue.com/

Blue Mountain Village

オープン当初から人気の味フレッシュ・ベイクド・ソーンベリー・アップルパイ C$6.95

この甘さがたまらなくおいしい!

地元出身のスタッフの家で、昔から受け継がれてきたレシピを元に考案された逸品。名前のとおり、この近くのソーンベリー地区で収穫されたりんごを使用しています。あたたかいパイの上にのったアイスクリームが、徐々に溶けはじめたところをパクッ! こってりとした甘さが口中に広がります。これはいかにも北米的な味わい。食後の締めくくりにはちょっとヘヴィかもしれませんが、甘いものに目がない私にはちょうどいい大きさでペロリといけちゃいました。アフタースキーのお客さんで大賑わいのスポーツパブのメニューです。

■Kaytoo Restaurant & Bar
http://kaytoo.ca/

Thornbury

お菓子の専門店オリジナル・スイーツアップル・ブロンディ 1ピース C$2.25

ブラウニーのレシピをヒントに、りんごが入ったバージョンを考案。“ブロンディ”とは、ブロンドの髪のようにやわらかく輝いているようなイメージ、ということで名付けられたそう。確かに上にかかったキャラメルソースがツヤツヤ! 手のひらにのってもちょっと余る位のお手軽サイズが食べやすい! ここは「Heavenly Sweet」というお菓子の卸売会社の路面店で、お土産にぴったりなチョコレートやクッキーが店内にあふれています。テイクアウトがメインですが、ちょっと座ってスイーツを食べられるスペースもあり。

さっくりした生地とりんごがステキなハーモニー

かわいらしいパッケージに包まれたスイーツたち

Thornbury

コーヒーとの相性抜群!アップル・クランブル・マフィン C$2.65

コーヒーだけのつもりが、目に入るとついつい手が伸びてしまう

りんごとシナモンのやわらかマフィン。ふんわりしているのに、しっかりとしたボリューム感もあり。オーダー後に温めてくれるので、よりよい香り&食感に。ジンバブエから仕入れているコーヒーと一緒に食べるのがオススメです。大きな焙煎マシンがあり、香ばしい香りが漂う店内はなんともいえない心地良さ。マフィン以外にも、クッキーやバナナブレッドなど、コーヒーに合うスイーツがたくさん。イートスペースがあるので、街歩きの途中、3時のお茶をする時にぴったり!

■Ashanti Coffee Estate
http://ashanticoffee.com/

Collingwood

寒い日にはコレ!スチーマー・ホット・アップル・サイダー C$2.66

意外にはまってしまう味のドリンク

発酵させたリンゴジュース(シナモン入り)をスチームで温めるというスタイルが、このお店オリジナル。ちょっと想像しづらいかもしれませんが、アップルパイ味の温かい飲み物、といったところでしょうか。これが思っていた以上においしく、冬の街歩きで冷え切った身体も芯からポカポカに。レモネードやゆず茶などと同じ感覚で楽しめます。もともと郵便局だった建物を利用(なので、店名に“ポスト”が)した店内は天井が高く、レトロな雰囲気。店名のとおり、エスプレッソ系飲み物も豊富に揃っています。

■Espresso Post
http://espressopost.com/

スタッフ取材メモ

今回は“アップルパイ・トレイル”で28あるお店のうち、7店を突撃訪問! こんなにりんごのスイーツを食べたのは初めてですが、いろいろ種類があるものですね。実は、りんごばかりで飽きちゃうかもと心配していたのですが、各店それぞれにオリジナリティがあり、飽きるどころかどんどん深みにはまっていく感じ。恐るべし、りんご・・・。
真冬のブルー・マウンテンは一面の雪景色。空気もきりっと冷え込んだ本格的な冬体験ができますが、訪れた街で会う方々はみんな温かくてスイーツもおいしくて、心はポカポカ。街自体もこぢんまりとしていてかわいらしく、雪に包まれた様子もなんだか絵のようにステキな雰囲気。またぜひ訪れたいと思います。次は28店、全部食べ歩くゾ!!