オンタリオに通い続けるライター、ヨシザワです。カナダが好き、自然が好きといいながら、本格的なアウトドアにはちょっと気おくれしてしまうヤワな性質。そんな私が、昨夏オンタリオでカヌー・カヤック三昧の旅を満喫してまいりました。初心者の私でも無理なく楽しめるソフトなアドベンチャー。おっかなびっくりの挑戦ながらも、かなり楽しかったその様子を、2回にわたってレポートします。まず第一弾は、なんと大都市トロントでのパドリング。舞台は北米五大湖のひとつオンタリオ湖。ダウンタウンのビル群を背景に、ゆっくりと水面をめぐる、なんとも贅沢な体験です。

ダウンタウンからほんの数分でもう湖の上!

さわやかな朝、トロントでカヌーを楽しむため訪れたのは、ハーバーフロントにあるPaddle Toronto。レンタルをはじめ、レッスンやガイドツアーなど、オンタリオ湖でカヌーやカヤックを楽しませてくれる会社です。すぐそばにCNタワーがそびえ、あたりはまさに大都会の風景。こんなところで手軽にカヌーができるなんて、湖畔に街が広がるトロントならではでしょう。
目の前の湖ではすでに大勢の人がパドリングを楽しんでいました。ヨットや大きなフェリーと並んで沖の方まで出ている人たちもいます。中には小さな子供の姿も。さすがカナディアン、街に住んでいても、カヌーもカヤックはごく日常的な遊びといった感じです。

Paddle Torontoでは、様々なプログラムが用意されています。私は仲間数人と一緒に初心者向けのプライベートツアーを申し込み、カヌーとカヤック、両方を楽しむことにしました。
せっかくなので眺めのいいトロント・アイランドまで渡し船で運んでもらい、ここでツアーを楽しむことに。といっても島はダウンタウンから目と鼻の先。ほんの15分ほどのクルーズで、あっという間に到着です。
振り返ると、水越しにトロントのビル群がダイナミックに広がっています。これを見るだけのために来ても価値があるほどの風景。こんな風に摩天楼の景観を眺めながらパドリングが楽しめる場所なんて、めったにないのではないでしょうか。贅沢です!

トロント・アイランドでカヤック。そしてカヌーも!

インストラクター兼ガイドを務めてくれたのは、ワイルド系イケメンのショーン・マギーさん。彼はこのPaddle Torontoの創設者の息子さんだそうで、いわばパドルを持って生まれてきたような人。「子供のころから水の上にいるのが当たり前だった」というスジガネ入りのカヤッカーです。
ショーンに基本的なパドルの操作方法を教えてもらい、さっそく水の上へ。私はまずカヤックに乗りこみ、ビーチの近くをバチャバチャ。水面が思った以上に近く、波の動きや重心の動きに合わせてグラグラ揺れるので最初はドキドキものです。けれど意外と安定感があり、少し慣れてくるとこの揺れが逆に気持ちよくなります。狭いカヤックの中に足を伸ばして座り込むため、椅子がそのまま浮いているような感じ。体とカヤックが一体になっているようで、他では体験したことのない浮遊感覚が味わえます。
ショーンが、前進、右回転、左回転、後退などいろいろなパドル操作を教えてくれましたが、最初はもう前に進むだけで感動です。次第に方向転換もできるようになると、これが楽しく、そして快感に。なんだかいっぱしのカヤッカーになった気分です。

次にカヌーに挑戦。これは以前にも何度か乗ったことがあります。カヌーは初心者なら二人乗りが基本。私はカヌーのパドル操作にはちょっとばかり自信があるつもりだったので、難しいといわれる後ろのシートに乗りこみました。後の人は水を漕ぎながらパドルに微妙な角度をつけて舵を取るのが役目。水の抵抗を感じながらカヌーをまっすぐに進めたり、方向をかえたり。実はそれがたまらなく面白いのです。
とはいえまだまだ初心者です。直進したつもりで後ろを振り返り、思わず苦笑。水の上にはグチャグチャに蛇行してきた自分の航路がくっきりと残されていました。
カヌーの舵取りはちょっと不安という別のツアー仲間は、ショーンのカヌーに乗って前のシートへ(前に座った人はとにかく左右に漕ぎ、エンジンの役割をします)。彼らのカヌーはいかにもスムースで快適そうです。やはりエキスパートのパドリングは絵になります。
周りには他のカヌーやカヤックもチラホラ。当たり前ですが、ここはこうした水遊びの人気スポット。また最近注目のSUP(スタンド・アップ・パドルボード)で立ったまま水上を移動する人たちの姿も。みんな本当に楽しそうです。

鼻歌を歌いながらお気楽な島めぐりツアー

さて、パドル操作にもあるていど慣れたところで、みんなでトロント・アイランドを少し探検してみることに。この島にはフェリーで遊びにきたことはありますが、水上から湖岸を巡るのはもちろん初めてです。
CNタワーを頂点に広がるダウンタウンを眺めながら岸辺を巡り、そして静かな入り江から島の奥へ。なんとも新鮮な風景です。美しい青空と緑の森を映しこむ水辺の景観。それはまさにカナダのイメージそのもの。街のすぐそばにこんな穏やかな風景があるなんて、驚きです。入り江の中は波もほとんどなく、実に快適。たまに漕ぐ手を止めて、水上を漂い、深呼吸をしたり、鼻歌をうたったり。
こうして水に浮かぶ心地よさに浸っていると、思わず大都会トロントにいることを忘れてしまいそう。とびきり贅沢なひと時を味わいました。

ツアーやレッスンは2時間程度から可能なので、たとえばパッケージツアーの自由時間内でも、十分に楽しめます。ダウンタウンの目の前でごく気軽に挑戦でき、しかも極上のカナダ的体験。夏の天気の良い日に、かなりおすすめです!

30年以上にわたってオンタリオ湖でカヤックレッスンを行ってきた老舗。カヌー、カヤック、そしてSUP(スタンド・アップ・パドルボード)の各レベルのレッスンをはじめ、ガイド付のさまざまなツアーを実施。プライベートのレッスン、レンタルも可能。