Ontario Style Special Contents Vol.54 オトクな「アドベンチャー・パス」と新登場のバス「WEGO」をフル活用! ピークシーズンのナイアガラをとことん楽しむモデルルート

カナダきっての観光スポット、ナイアガラの滝。これからの季節、旅行者も増えてかなり混雑してきますが、せっかくの旅、迫力ある滝をストレスなく徹底的に楽しみたいものです。
そこで、これまで何度となく滝を訪れ、ナイアガラの滝のエキスパートを自認するオンタリオスタイル編集部が持てる知識と情報、経験を集結。あくまでも滝を中心にナイアガラをたっぷりと、そして無駄なく楽しむためのモデルルートを提案します。人気アトラクションをオトクに楽しめる「ナイアガラ・フォールズ・アドベンチャー・パス」や新しく登場した巡回バス「WEGO」を上手に使って、トコトン楽しむ1泊2日のプラン。
個人旅行でトロントからバスを利用して行くのを想定したモデルルートですが、レンタカーで移動したり、空港から直接アクセスする場合にも役立つ情報が満載。それぞれのスタイルでアレンジしてみてください。

トロント発、滝を満喫する1泊2日のモデルルート

ナイアガラの滝周辺のアトラクション・マップはコチラ

1日目

  • トロントからナイアガラへ。コーチ・カナダのメガバス(8:00トロント発→9:45ナイアガラ着)が便利
    ※トロントからのアクセス情報(バス、電車など)の詳細はコチラ
  • バスターミナル到着後、徒歩でナイアガラ・パークウェイ沿いにあるホワイト・ウォーター・ウォークへ(450m、約7分)

    ホワイト・ウォーター・ウォークの窓口でアドベンチャー・パスの受け取り

    ホワイト・ウォーター・ウォーク前からWEGOグリーンライン(南行き)で滝周辺(ホテル最寄りのバス停)へ(10〜15分)
    ※WEGOについてはコチラ

    宿泊予定のホテルに立ち寄り、荷物を預ける

    徒歩で霧の乙女号乗り場へ(滝周辺の主要ホテルからであれば、15分以内)

    ホーンブローワー・ナイアガラ・クルーズの比較的すいている時間帯を狙って乗船。滝つぼまでのクルーズを

    遊歩道を歩いてテーブル・ロックへ移動(1.2km、約15分)

    テーブル・ロックの展望台から定番の滝観光。続いてテーブル・ロック・ウェルカム・センター内のジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズナイアガラズ・フューリーも体験

    グループで移動なら…
    何人かのグループで旅をする場合、移動にはナイアガラ・エアバスのサービスを利用するのもおすすめ。トロントの宿泊ホテルや空港から直接ナイアガラの宿泊ホテルなどの目的地まで送迎してくれます。この場合はテーブルロックのウェルカム・センターなどでバケーション・パスの受け取りを。

  • 滝近くのレストランでランチ。テーブル・ロック・センターの中にある「エレメンツ・オン・ザ・フォールズ」はおすすめ!
  • テーブル・ロック前からWEGOグリーンライン(北行き)に乗ってホワイト・ウォーター・ウォーク下車(約15分)

    ホワイト・ウォーター・ウォークで滝から流れてきた水の豪快さを体験

    WEGOグリーンライン(北行き)に乗って2つ先のワールプール・エアロカー下車(1.5km、約2分、徒歩なら約20分)。

    バス停のすぐ近くにあるナイアガラ・ヘリコプターズで滝上空の遊覧飛行。地上からとは違った迫力を満喫。(アドベンチャー・パスのアトラクションには含まれません)

    ワールプール・エアロカー前からWEGOグリーンライン(北行き)に乗って終点のクィーンストン・ハイツ下車(約12分、クィーンストン・ハイツまでは6月下旬〜9月上旬のみ運行)

    太古に滝のできた場所を見学。クィーンストン・ハイツの公園散策もぜひ

    WEGOグリーンライン(南行き)に乗って滝周辺のホテル最寄りのバス停へ(20〜25分)

    ホテルで滝の見える部屋にチェックイン。のんびりとした時間を

  • お好みのレストランで夕食後、ナイアガラ川沿いの遊歩道を散策。滝のライトアップを堪能。にぎやかな繁華街クリフトン・ヒルに繰り出すのもおすすめ

2日目

  • ゆっくりと起きて、ホテルのレストランで滝を見下ろしながら朝食。ホテルをチェックアウト後、荷物はフロントに預ける
  • ホテルから徒歩でアイマックス・シアターに移動(滝周辺の主要ホテルからなら1.5km程、10〜20分)

    アイマックス・シアターで10:00から上映されるNiagara-Miracles, Myths & Magicを鑑賞。(アドベンチャー・パスのアトラクションには含まれません)

    徒歩でテーブル・ロックへ(1.2km、約15分)

    再びテーブル・ロックで、もう一度滝を堪能。アイマックスで歴史を知った後に見る滝は、感動もひとしお

  • 滝周辺にあるレストランでランチ

    テーブルロックからWEGOレッドライン(西行き)に乗って、カナダ・ワン・ファクトリー・アウトレット下車(約20分)

    カナダ・ワン・ファクトリー・アウトレットでゆっくりショッピングを

  • アウトレット前からWEGOレッドライン(東行き)に乗って滝周辺へ、宿泊ホテル最寄りの停留所で下車。ホテルで預けた荷物をピックアップ。その後、ナイアガラ・パークウェイに出て最寄りのバス停からWEGOパープルライン(北行き)に乗って、VIAステーションまたはバス・ターミナルで下車(約10分)

    トロントへ移動。コーチ・カナダのバス(17:45ナイアガラ発→19:45トロント着)が便利

ナイアガラ・フォールズ・アドベンチャー・パス

人気アトラクションに「WEGO」の乗車券付でオトク

ナイアガラ・パークス・コミッションが発行するパスで、今回ご紹介する「霧の乙女号」、「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」、「ナイガラズ・フューリー」、「ホワイト・ウォーター・ウォーク」の4つの人気アトラクションの入場がオトクになるもの。また、これを持っていると、WEGOバスも2日間乗り放題に。インターネットで予約後、プリントアウトしたバウチャーを各アトラクションの窓口やウェルカム・センターなどでパスに交換して利用します。
今回のモデルルートのように、トロントからバスでナイアガラを訪れる場合は、「ホワイト・ウォーター・ウォーク」がバスターミナルの徒歩圏内にあるので、ここで交換しておけば、滝へ向かうWEGOでもさっそく利用でき、便利。交換の際にはパスポートなど写真つきIDの提示を。

モデルルートに戻る

WEGO

主要ホテルやアトラクション、そして郊外までをつなぐ新システム

WEGOバスは、ナイアガラの滝を中心に各種アトラクションやホテルなどをつないで走る便利な交通システム。これまでナイアガラ・パークウェイ沿いを夏季のみ運行していた「ピープル・ムーバー」に代わって登場したもので、従来路線に加えてナイアガラ・フォールズの市バスの一部路線もカバーし全部で4路線に。より広範囲に、また一年を通じて利用できるようになりました。
料金は、24時間券が税込で$7(子供$4)、48時間券が$11.50(子供$8)。10月下旬から4月中旬までは24時間券を購入すると2日目は無料となります。ナイアガラ・フォールズ・アドベンチャー・パスには、このWEGOの48時間券もついており、大変オトクです。
また、夏季限定(2013年は6月23日から9月1日まで)でナイアガラ・オン・ザ・レイクの入り口「フォート・ジョージ」まで行くシャトルバスサービスも運行。ナイアガラ川沿いを走るグリーンラインの「フローラル・クロック」および「クイーンストン・ハイツ」停留所で乗り換えます。料金は、往復$10(子供$6)で、往復券を購入すると1日乗り降り自由の特典付き。このチケットは、「フォート・ジョージ」や「フローラル・クロック」などで購入可能です。
WEGOの運行スケジュールやルート、また運行間隔などは季節によって異なるので、事前にウェブサイトで確認を。

モデルルートに戻る

ホーンブローワー・ナイアガラ・クルーズ

人気の遊覧船は、楽しみ方によって乗る場所を選びたい

かつての「霧の乙女号」に代わって運航を始めた滝壺への遊覧船で、以前よりも大型のカタマランボートでより安定したクルーズが楽しめます。ウエブサイト上から予約をしておけば、並ばずに乗船が可能です。

さて、ではいよいよ乗船した後、船の上のどこに陣取るのがベストでしょうか。スポットは目的により、3か所。
まずダイナミックに落ちる滝を仰ぎ見て、しかも水しぶきも全身に浴びてしまいたい、というずぶ濡れ派の方なら、2階のデッキの前方縁フェンス付近の確保を。ここなら視界を遮るものはなく、クルーズしながらカナダ滝にぐんぐんと接近。ハイライトの滝つぼでは、まさに台風の中に突入したような暴風体験が味わえます。事前にビニール製のカッパが配られますが、それもあまり意味がないくらい。
一方、あまり濡れたくはない、という人におすすめなのは、1階のフェンスからやや離れた内側。ここなら屋根があるため、あまり水しぶきは激しくなく、落ち着いて滝が眺められます。
そしてもう一か所、豪快な滝の様子を写真に撮りたい人は、2階のフェンスからやや離れた内側で待機を。ここからだと、フェンスに乗り出すようにして楽しむ人の姿と一緒に滝が撮影でき、滝だけを撮るよりもその大きさ、スゴさがよくわかります。また屋根もないので、アングルも自在。ただし、カメラもビショビショになりますので、ビニール袋やタオルを用意して保護策を。
混雑状況によっては、なかなか思った場所に陣取れないかもしれません。場合によっては、船体後方にしか場所が確保できないことも。でもがっかりしないで。船は滝つぼではグルリと向きを変えてくれるので、クルーズ後半は船体後方がベストスポットとなります。

モデルルートに戻る

テーブル・ロック

展望台の後ろにあるデッキにも上ってみて!

「これぞナイアガラ」という風景を見るなら、やっぱりココ! カナダ滝が流れ落ちるギリギリのところにせり出した展望台テーブル・ロックは絶対に外せない場所です。川沿いに続く遊歩道を歩きまわり、いろいろな位置から滝を眺めてみましょう。
また意外と見落としがちですが、遊歩道のすぐ後ろにあるテーブル・ロック・ウェルカム・センターの展望デッキもおすすめです。展望台より少し高い位置にあるため、滝と滝を見物する人とあわせて迫力ある写真も撮ることができ、編集部も気に入っているスポットです。

モデルルートに戻る

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

滝の迫力+トンネル内の展示もおもしろい

テーブル・ロック・ウェルカム・センターの中にある人気アトラクション。エレベータで地下に下り、トンネルを抜けると、そこはなんとカナダ滝の真横! 絶壁に設置されたデッキに出て、怒涛のように落ちる水を間近で見ることができ、圧倒されます。ビニールのカッパがもらえますが、そこから出ている顔や手はビショビショ。でも、これが楽しい!
トンネルをさらに進むと、今度は滝を真裏からみられるデッキが2か所。ドドドッとまさに雷のような音が鳴り響きます。この3か所のデッキを結ぶトンネルには、滝のさまざまな歴史が見られる写真なども展示されているので、こちらもお見逃しなく。滝の地形の図解、滝が発見された17世紀から今まで、水の浸食により滝の形がどれだけ変化してきたかという説明など、とても分かりやすく、思わず「ヘ〜!」とうなってしまいます。

モデルルートに戻る

ナイアガラズ・フューリー

滝の誕生を4Dで体感&人気キャラクターもゲット

同じくテーブル・ロック・ウェルカム・センターの中で楽しめる「ナイアガラズ・フューリー」も必見アトラクション。これは2段階式のシアターで、前半は、氷河時代が終わりナイアガラの滝ができるまでを8分間のアニメーションで紹介。そして後半は360度スクリーンの中心に立ち、滝の誕生を音と映像、そして冷気や雪に加え、振動、水しぶきなどとともに「4D体験」するもの。こちらでもカッパを貸してくれますが、結構濡れるのでバッグやカメラもカッパの中に入れておくのがおすすめ。
入口のギフトショップではアニメの主役チップ・フラッタリー君とその仲間たちのグッズもいろいろ揃っており、とくに子供たちに大人気。

モデルルートに戻る

エレメンツ・オン・ザ・フォールズ

ランチは滝を見下ろしながらゆっくりと

滝周辺には、フォールズ・ビューの展望レストランがたくさんありますが、編集部イチオシのランチスポットは、テーブル・ロック・ウェルカム・センターの中にある「エレメンツ」。カナダ滝の真横で、迫力ある流れを眺めながら食事が楽しめる場所です。できれば窓際を確保したいところですが、ここは窓が大きく、また内側のテーブルは一段高い位置に設置されているため、どこに座っても豪快な眺めが堪能できるのでご安心を。
また立地がいいだけでなく、料理のおいしさでも評判。サラダやチキン料理、パスタなど、シンプルなメニューが中心で、もちろんナイアガラのワインも充実しています。人気店なので事前に予約を。

モデルルートに戻る

ホワイト・ウォーター・ウォーク

滝の下、激流のほとりを歩き、そのパワーを実感!

滝の下流、渓谷となっているナイアガラ川の底付近までエレベータで下り、その激流のほとりを歩くことができる場所です。滝から流れ出したばかりの膨大な水は、轟音と共に白波を立てて流れており、迫力満点。
といっても歩くエリアにはボードウォークが伸びているので、誰でも無理なく楽しむことができます。上から見た滝の水に、今度は下流で接近できる、面白い体験です。冬季は休業。

モデルルートに戻る

ナイアガラ・ヘリコプターズ

馬蹄形の姿がくっきり! 上空から迫力の滝に迫る!

滝観光のもう一つのクライマックスとしておすすめしたいのが、ヘリによる滝上空の遊覧飛行。約10分間の短いフライトですが、真上から眺める滝にはあらためて感動します。ヘリコプターは6人乗り。どこに座るかは同乗者と相談し、その場で決めます。人気が高いのはやはり操縦士のとなりや両サイドの窓際の席ですが、意外とおトクなのは真ん中の席。というのも、滝の上では機体を右側に傾けて1周、次に左側に傾けて1周と、両サイドから滝がよく見えるように旋回してくれるのですが、真ん中に座るとこの両方ともよく見えるのです。また、ここから風景を撮るときには、対面の窓際に座った人を入れ込んだ構図も可能。家族や友達を上空からの風景とともに撮ったら喜ばれること間違いなし! 確実に乗るためには、事前予約がおすすめです。

モデルルートに戻る

滝のできた場所

1万2000年前の滝の記憶を探しに

クィーンストン・ハイツの少し先、ナイアガラ・パークウェイ脇のビューポイントに立つと、ナイアガラの滝が生まれた場所を見ることができます。それは、ナイアガラ・エスカープメント(Niagara Escarpment)という高台が造り出した断崖が見える場所で、最後の氷河期が終わった1万2000年ほど前に、氷河の溶け水がここに流れ出し、滝ができました。そして膨大な水のパワーにより断崖はどんどん浸食されて滝は後退、約12kmも離れた現在の場所まで移動していったというわけです。水が削り取って造り出した深い渓谷とその岸壁を見るにつけ、自然の力の大きさを実感。驚きと感動に包まれます。

モデルルートに戻る

ナイアガラのホテル

滝の近くの、フォールズ・ビュー・ルームをぜひ!

滝がテーマの滞在なら、宿泊はぜひとも滝周辺のホテル、しかも滝がよく見えるフォールズ・ビュー・ルームの予約を。チェックイン後の夕景をはじめ、ライトアップされた夜景、そして朝日に輝く朝…と刻々と変わる滝の姿を部屋にいながらにして眺められるのだから、多少のお金をかける価値はあるというもの。
また滝周辺のホテルのほとんどは、ダイニングルームもフォールズ・ビュー。朝ごはんも滝を見ながら食べられる贅沢が待っています。

モデルルートに戻る

滝のライトアップ

幻想的に浮かび上がる夜の滝を見ながら散歩

夜になるとカナダ滝とアメリカ滝はカラフルにライトアップされ、昼間とは全く違う表情を見せてくれます。夕食の後は、ぜひこのレインボーカラーに浮かび上がる滝を見ながら散策を。ライトアップ時間は、時期によって異なりますが、5〜1月は深夜まで行われており、ホテルのフォールズ・ビュー・ルームに泊まれば、部屋からもたっぷりと楽しめます。

モデルルートに戻る

アイマックス・シアター

滝の伝説から逸話まで盛りだくさん。ナイアガラがもっと面白くなる映画

ナイアガラの滝の迫力を実感した後、ぜひ足を運びたいのが、滝の近くにあるアイマックス・シアター。ここでは通常の映画館の6倍もある巨大スクリーンで、ナイアガラの1万年以上にわたる歴史を描いたNiagara-Miracles, Myths, Magicという45分間の作品を観ることができます。先住民の伝説に始まり、ヨーロッパから来た探検家たちの発見の瞬間、そして滝下りに挑んだ「ディアデビル」たちの物語など、面白いストーリーが次々と紹介されます。これを観るとナイアガラの魅力がより倍増して感じられるはず。上映中はイヤホンで日本語の音声を聞くことができます。
シアターには滝下りに挑んだ人々の写真や使われた樽などの実物が展示されているDaredevil Exhibitも併設されているので、こちらもお見逃しなく! チケットはオンラインで購入すると割引となりオトク。チケットブースに並ぶ手間も省けます。

モデルルートに戻る

カナダ・ワン・ファクトリー・アウトレット

人気ブランドのお買い得商品がズラリ!

滝の西側に伸びる通りランディーズ・レーンにあるアウトレット・モール。コーチ、ゲス、ディーゼル、ルーツなど人気ファッションブランドをはじめ、アディダス、ナイキなどのスポーツショップ、そしてナインウエスト、リーボック、ロックポートなどシューズ専門店など40店以上が並び、アウトレット価格の掘り出し物がいっぱい。セール情報やお得なクーポンがゲットできるウェブサイトのチェックもお忘れなく。

モデルルートに戻る

※掲載の情報は2013年6月現在のものです。金額、時間などは変更される場合があります。