Ontario Style Special Contents Vol.72 冬の息づかいを感じて…ビデオで体験!オンタリオ・ウィンターアクティビティ!

寒いから、日が短いから…そんな理由で冬のオンタリオを敬遠してしまってはモッタイナイ!数多くのウィンター・リゾートを擁するオンタリオなら、冬ならではのアクティビティを、心ゆくまで満喫できるんです。特集67ではテキストと写真でレポートをお伝えしましたが、今回は迫力満点のムービーを一挙公開!一瞬一瞬が、ダイナミックに、そして冬のきらめきで彩られた映像で、オンタリオの素敵な冬を疑似体験して下さい。

冬の大自然をジョギング感覚で楽しむ クロスカントリースキー

冬アウトドアといえば、まずはスキー。高山地帯のないオンタリオには、激しい高低差のあるスキートレイルはありません。そのかわりに、雪景色の大自然を全身で満喫するクロスカントリースキーが大人気。各地に整備が行き届いた専用トレイルが出現し、レベルに合わせて楽しむことができます。特にマスコーカなどのリゾートではガイド付きツアーも充実しており、初心者も安心して体験することができます。

専用トレイルも充実!クロスカントリースキー

大スケールの自然の中をゆくスキートレイルは、とびきりの心地よさ!すれ違う人たちとの挨拶も忘れずに。

初心者も安心!快適雪上ハイキング スノーシュー

雪深い森の中などを、ハイキング感覚で探検できるのがスノーシュー。平べったい形のスノーシューを靴に装着すれば、準備はOK。そのままサクサクと歩けます。現在は、アルミ製などの軽量タイプが多いので、着脱も簡単。気軽に楽しめるようになりました。深い雪の上でも沈んだり滑ったりせず、抜群の安定感があるので特別な練習は必要ナシ!野鳥を探したり、小動物の足跡を見つけたりと、自然観察をするのにももってこいです。マスコーカアルゴンキン州立公園をはじめ、数多くの自然公園で体験可能です。

マスコーカの森をスノーシューイング

周りの風景を眺めながら、真新しい雪を踏みしめながら、自分のペースで一歩一歩進んでいけるのが魅力。

ドッグチームと共に雪原を疾走 犬ゾリ

かつては先住民族の移動手段だった犬ゾリ。現在は、ウィンターアクティビティとして観光客からの人気も高く、オンタリオ各地でもツアーが数多く行われています。専門のトレーナーにより、よくトレーニングされたハスキー犬やアラスカ犬など数頭からなるチームにひかれて、広々とした雪原や森の中を走り抜けます。犬たちは人馴れしているのでご安心を。希望すれば、マッシャー(操縦者)体験もできます。犬たちに掛け声で合図を出しながら走るのは、とってもスリリング!両手でしっかりつかまっていないと振り落とされそうになるほどのスピードと力強さです。

犬とのふれあいに癒される!犬ゾリ体験

普段はとても人懐こい犬たちも、ひとたび走るとなると頼もしい相棒に。彼らとの一体感を味わえる貴重な体験です。

白銀世界を爽快ツーリング! スノーモビル

バイクのように、かなりワイルドな気分で雪原を走り回れるのが、スノーモビル。もともとカナダ発祥の乗り物で、冬の交通手段の一つにもなっています。オンタリオには、全域にわたって専用トレイルが整備されており、総距離は7万2000km!まさにスノーモビル天国ですが、ベースタウンを中心に、ツアー会社やレンタル会社も多数。初心者向けのツアーも行われており、ブレーキのかけ方からカーブの曲がり方まで、インストラクターが丁寧に指導してくれます。ツアー料金には、レンタル料やトレイル使用料が含まれており、身一つで気軽に本格体験できるのが魅力!マシンの運転は、日本の自動車運転免許証があればOKです。

世界有数のスノーモビルトレイルへ!

雪景色の中を切り開くように進んでいく、気分爽快のアクティビティ!実際の走行スピード以上の疾走感です。

街の中でも、自然の中でも、気軽に体験 アイス・スケート

カナダの人々が、子供の頃から親しんでいるアイス・スケート。トロントではダウンタウンのスケート場で気軽に楽しめ、またオタワでは世界遺産のリドー運河で世界最長のスケートリンクを滑ることができます!他にも、オンタリオ各地には自然を利用したスケート場が点在しており、人気リゾート地であるマスコーカ地方では、森の中のトレイルがスケートリンクに変身!毎年冬には、家族連れなど多くの人が思い思いに滑っています。スケートやヘルメットのレンタルも可能です。

森の中にできた氷の遊歩道「アイストレイル」でスケーティング

美しい針葉樹林を擁するアローヘッド州立公園のアイストレイルは、全長1.3km。滑っていると、まるで木々に見守られているような感覚に。

子供の心で大斜面をスライディング! チュービング

大きなドーナツ型のチューブに乗って、雪の斜面を滑り降りる、チュービング。一見シンプルですが、大人も子供も一緒になって遊べるという点ではナンバーワンと言えるアクティビティです。くるくる回転しながら勢いよく滑り降りていくのはかなりスリリングで、まるで子供にかえったようにはしゃぐ大人の姿が見られます。オンタリオのウィンター・リゾートなら、たいてはチューブ・パークが用意されています。チューブと一緒に乗れるリフトが設置されているところも多く、何度も登ったり滑ったりできます。

アローヘッド州立公園のチューブパーク

ちょっとスリリングなチュービングは、仲間と一緒に滑れば楽しさ倍増!大人も子供も思わず笑顔に。

冬景色の中には発見がいっぱい! ネイチャーウォーク

数多くの自然公園を擁するオンタリオ州。なかでも最も大きいアルゴンキン州立公園は、7,725km2と、東京都の三倍以上の圧倒的な広さ。カヌーやカヤック、紅葉でも有名ですが、冬にオススメなのがネイチャーウォーク。公園内に伸びる数多くのトレイルは冬でも整備されており、気軽にスノーハイクが可能。パーク・ガイドと一緒に歩けば、野生動物や自然について説明を受けながら安全に散策できます。雪の上に残された小動物の足跡を探してみたり、積もった雪が落ちる音に耳を済ませたり…静寂につつまれた冬の公園は、夏とは全く違った自然の姿を見せてくれます。ひまわりの種を手のひらに載せじっと待てば、トロントのシンボルでもあるブルージェイ(青カケス)などの野鳥が近づいてくることも。

ネイチャーウォークで野鳥と遊ぶ!

辛抱強く待てば、野鳥たちが近づいてきて、ひまわりの種を手のひらからついばんでいきます。エサのない冬ならではの貴重な体験。

氷の湖の美しさも格別! アイス・フィッシング

寒さが厳しい冬の季節には、アイス・フィッシングが楽しめます。これは、湖の上に厚く張った氷に、専用のドリルで穴を空け、釣りを楽しむというもの。ハットと呼ばれる、小さなテントのようなシェルターを用意すれば、中は比較的暖か。ホットココアを飲みながら、獲物がかかるのをじっくり待つことができます。魚たちは振動に敏感なので、寒くてもじっと静かに待つのがポイント。オンタリオで釣りをする場合、フィッシングライセンスとアウトドアカードの事前購入が必要。初心者には、釣り道具やハット、そしてライセンスなどもパッケージになったガイド付きツアーがおすすめです。

ワクワク、ドキドキ!大物を狙ってアイスフィッシング

魚を釣り上げたときの達成感はひとしおです。防寒対策を忘れずに。

雪の上での甘〜いお楽しみ! スモア

スモアとは、マシュマロとチョコレートをキャンプファイヤーでトロトロに焼き、それをクラッカーに挟んで食べるスイーツ。カナダではキャンプの風物詩の一つです。マシュマロを木の枝に刺してあぶるのですが、これが慣れていないとすぐに溶けて落ちてしまい、コツが要ります。とろりと熱いマシュマロとチョコレートのハーモニーはかなりの甘さですが、寒い冬にはうれしい味です。好みでレモンを絞ったり、ピーナッツをトッピングしたりと、アレンジするのもオススメです。星空観察もあわせて楽しめます。

ほっこリあたたか。キャンプファイアーでスモアを

仲間と一緒なら格別に楽しいスモア。冬のキャンプには欠かせないレクリエーション。

総集編ムービーはコチラ!