Ontario Style Special Contents Vol.76 カナダ建国150周年を迎えた首都オタワへ!冬の祭典「ウィンタールード」おすすめスポット

1867年に誕生したカナダは今年、建国150周年のアニバーサリーイヤーを迎えました。各地で様々な記念イベントが行われる予定で、その先陣を切るのが、首都オタワの「ウィンタールード」。毎年恒例のお祭りですが、今年は特別な催しも多くひときわ華やかに盛りあがりそう! 北米最大規模の冬祭り、期間中にぜひ訪れていただきたいスポットをご紹介します。

Ottawa Winterlude

2017年2月3日〜20日
18日間の期間中、首都圏(オタワ、ガティノー)の様々な会場で、インドア、アウトドアの各種催しが開催されます。

リドー運河 Rideau Canal 世界最長のリンクでアイススケートを!

ウィンタールードのメイン会場のひとつがここ。世界遺産にも登録されているリドー運河です。市内を流れるこの運河は、冬の間ガチガチに凍り付き、ダウンタウンから郊外まで7.8kmがスケートリンクとして開放されます。これはギネスブックにも登録されている、世界最長のスケート場。この氷の上でアイススケートを楽しんだり、名物のビーバーテイルを食べたり。スケートのレンタルも可能なので、旅行者も気軽に楽しめます!期間中は様々なイベントも行われます。

凍ったリドー運河。氷上には様々な屋台なども登場して賑やかに 国会議事堂をバックに写真撮影ができる、こんなフレームも人気

コンフェデレーション・パーク Confederation Park 夕方からは、氷の彫刻が並ぶ「クリスタルガーデン」のお散歩へ

リドー運河のほとり、国会議事堂のすぐわきに広がるコンフェデレーション・パークには、見事な氷の彫像がたくさん登場。夕方からはライトアップも行われ冬ならではの幻想的な世界が広がります。イベント会場もあり、開会を告げるキックオフパーティなどもここで開催。金曜と土曜の夜には人気アーティストが登場し、150周年を記念するコンサートも行われます。

世界各国から氷の彫刻家が集まり、腕を競います ライトアップ彫刻を巡る夜の公園散策も大人気

ジャック・カルティエ・パーク Jacques-Cartier Park 子供たちに大人気の雪と氷の遊園地

オタワからオタワ川を渡ったケベック州ガティノー。その川沿いにあるジャック・カルティエ・パークもメインン会場のひとつです。ここには氷の滑り台やイヌゾリ体験、ジップラインなど様々なアトラクションなどが楽しめる遊園地「スノーフレーク・キングダム」が登場。会場内にはステージもあり、様々なショーも開催されます。

氷のスライダーも数種類楽しめます 本物のドッグチームを使った犬ゾリも!

パーラメント・ヒル(国会議事堂) Parliament Hill カナダ150年の歴史を実感

ウィンタールードの会場ではありませんが、やはり国会議事堂は訪れておきたい場所です。カナダ政治の中枢ですが、決して堅苦しい印象はなく、観光スポットとして旅行者にもオープン。建物前の広場では、150周年記念の様々なイベントも開催されます。

議事堂前には建国100年の年に灯されたセンテニアルフレームも センテニアルフレームには各州の名前とカナダに参加した年が記されています

期間中にはエキサイティングな催しが目白押し

ウィンタールードの期間中、オタワではほかにも様々な催しが行われています。たとえば、音楽の祭典「ウィンタージャズフェスティバル」(2/9〜2/12)、氷上のドラゴンボートレース「アイスドラゴンボート・フェスティバル」(2/17〜18)、そしてオンタリオやケベックのクラフトビールをたっぷり楽しめる「ウィンターブリューフェスト」(2/17〜2/19)も。またこの時期はカナダの国技アイスホッケーの各プロリーグもシーズンまっただ中。こちらも見逃せません。150周年のオタワは冬も大変な盛り上がり。暖かくしてお出かけを!

地ビールが集結するウィンターブリューフェスト 冬にはぜひ観戦したい、迫力あるプロホッケーの試合