Ontario Style Special Contents Vol.77 カナダ建国150周年記念で入場が無料に!今年が行きどき!オンタリオの国立公園へGO!

2017年は、カナダ建国150周年に当たるアニバーサリーイヤー。これを記念してパークスカナダ(カナダ国立公園局)では、今年1年間すべての国立公園や国定史跡への入場料が無料となる「Discovery Pass」を発行しています。カナダが誇る自然地帯をオトクに楽しむ絶好のチャンス!この機会にぜひ訪れたい、オンタリオ州内の国立公園をご紹介します。

※オンタリオ州内には国が管轄する7カ所の国立公園・国立海洋保護区(ビーバーのマークが目印)と、州が管轄する300カ所以上の州立公園(湖と森のマークが目印)とがあります。このうち2017年にDiscovery Passが利用できるのは、国立公園・国立海洋保護区となります。また国定史跡の多くも対象となります。

まずはオンラインでDiscovery Passをゲット!

Discovery Passは、パークスカナダの専用ページからオンラインで申し込むことができ、日本まで送ってもらうことが可能です(送料無料!)。また訪れる国立公園のインフォメーションセンターなどで受け取ることもできます。このパスを提示することで、国立公園入場の場合は車1台につき1枚あれば同乗者全員に有効、また国立海洋保護区や国定史跡入場の場合は、1グループで1枚あれば全員に有効となります。

ポイント・ピーリー国立公園 Point Pelee National Park カナダの最南端に立ってみよう!

エリー湖に突き出した岬で、ここがカナダ本土の最南端となります。先端部には波に洗われながら形を変化させる砂洲が突き出すように伸びており、その一番先まで歩いていくことができます。公園内部には湿地帯も広がっており、ボードウォークの散策や、カヌーでのパドリングなどが楽しめます。のんびりとバードウォッチングをするのにも最適な場所です。

カナダ本土最南端の砂洲 湿地帯に伸びるボードウォーク

サウザンド・アイランズ国立公園 Thousand Islands National Park クルーズで大人気のエリアに点在するアウトドアワールド

オンタリオ湖からセント・ローレンス川が流れ始める一帯は、大小無数の島々が点在する風光明媚なエリア。古くからクルーズツアーなどで親しまれ、カナダを代表する観光スポットとして知られてきました。多くの島には別荘などが建てられていますが、いくつかの島は国立公園として保護されており、ハイキングやカヌー、キャンプなどが楽しめるようになっています。ガナノクェ近くのマロリータウンにビジターセンターがあり、島々へはカヌーカヤックツアーや、ウォータータクシーなどを利用してアクセスすることができます。

無数の島が点在するサウザンド・アイランズ カヤックなどで島々を訪れるツアーも人気

ジョージアン・ベイ・アイランズ国立公園 Georgian Bay Islands National Park グループ・オブ・セブンが描いた大自然

ヒューロン湖の東側に広がるジョージアン・ベイの南東部、ビューソレイユ島と、その周辺に点在する約60の島々からなる国立公園です。ピンクがかった花崗岩の岸壁、そこに張り付くように立つホワイトパインの木々など、カナダの画家集団グループ・オブ・セブンが好んで描いた荒々しい自然の風景を堪能することができます。ボートトリップ、水辺でのキャンプ、ハイキングなどが人気。

ビューソレイユ島 (c) Parks Canada / Ethan Meleg 設備の整ったキャンプサイトも (c) Parks Canada / Ethan Meleg

ブルース・ペニンシュラ国立公園 Bruce Peninsula National Park 目が覚めるようなブルーの湖で湖水浴を!

ヒューロン湖に飛び出したブルース半島先端部に広がる自然地帯で、南国の海を思わせるような青い湖水と、奇岩や洞窟などに彩られたユニークな岸壁が印象的な場所です。透明な湖での水遊びが大人気。またフィッシングやカヌー、カヤック、キャンプなどのアクティビティも充実しています。総距離500kmにおよぶハイキング・トレイルも整備されており、冬にはクロスカントリー・スキーのコースとしても利用されています。

美しいビーチでの湖水浴 神秘的な洞窟も見られる

ファトム・ファイブ国立海洋公園 Fathom Five National Marine Park クルーズで楽しみたい、ユニークな島めぐり

カナダに5カ所ある「国立海洋保護エリア」のひとつがここ。ヒューロン湖のブルース半島の北に広がる美しい一帯で、ブルーの澄んだ湖に奇岩が見られる島々が点在。ブルース半島先端のトバモリーから、島々やかつて沈んだ難破船などを巡るクルーズツアーが出ています。島に上陸してハイキングやキャンプも可能。またカヤックツアーなども充実しています。ブルース・ペニンシュラ国立公園とあわせて楽しみたい場所です。

フラワーポットと呼ばれる奇岩 トバモリーからのクルーズは人気

レイク・スペリオール国立海洋保護区 Lake Superior National Marine Conservation Area 広大な湖を舞台にハイキングやカヤックに挑戦

北米五大湖の中でも最大のスペリオール湖北岸に広がる海洋保護区。エリアの西端は、メサ地形によって作り出されたユニークな自然が広がるスリーピング・ジャイアント州立公園に続いています。このエリアの中心地サンダー・ベイをベースに、ハイキングやカヤックなどのアクティビティを体験するのがおすすめです。

海のように広大なスペリオール湖 スリーピング・ジャイアント州立公園

ピュカスクワ国立公園 Pukaskwa National Park 手つかずの自然の中でワイルドに遊ぶ

スペリオール湖の北岸に広がる大自然地帯。車でのアクセスルートは北側から入る1本のみで、内部はほとんど手付かずの原野となっています。ハイキング・トレイルはイージーウォークから上級者向けコースまで充実。またカヌーやカヤックで変化に富んだ湖岸を楽しむのも人気です。設備の整ったキャンプ場が一か所あるほか、カヌーやハイキング途中に利用できるバックカントリーのキャンプ場も点在しています。

様々なハイキング体験が可能 息をのむような美しい湖 (c) Parks Canada

カナダ建国史の舞台となったオンタリオ州には、各地に歴史的建造物や史跡などが残されています。これら随所にある国定史跡(パークスカナダ管轄の施設)も、Discovery Passの提示で入場無料となります。たとえばナイアガラの近く、かつてアメリカの攻撃に備えて作られたフォート・ジョージや、首都オタワにある第7代首相の邸宅ローリエ・ハウス、古都キングストンにある初代首相の邸宅ベルビュー・ハウスなどはおすすめです。またオタワとキングストンを結ぶリドー運河の随所にある資料館なども、パスの提示で入場無料となります。

キングストンのベルビュー・ハウス