アクセスマップ

巨大な湖と森を歩いて体感

サンダー・ベイを訪れるなら、ハイキング・シューズとリュックサックは必携品です。街の周りはいくつもの州立公園があり、大海原のようなスペリオール湖の景観に加え、うっそうと茂る森林地帯、そしてメサと呼ばれるテーブル状の丘陵など、ダイナミックな自然をたっぷり楽しめるハイキング・トレイルが充実。散策感覚で気軽に楽しめるコースから、汗をかきながら本格的に歩けるコースなど、たっぷり揃っています。気分に合わせてお好みの風景の中を歩いてみてください。日本では出会えない絶景ポイントも、たくさんあります!

歩いてみたい、オススメの自然公園

Sleeping Giant Provincial Park スリーピング・ジャイアント州立公園

Homepage

サンダー・ベイの周辺には、メサと言われるユニークなテーブル状の山や丘陵が点在しています。街の南東部、シブリー半島の先端部に広がるスリーピング・ジャイアント州立公園も、そんなメサが作りだした不思議な形の丘陵地帯。そのシルエットをサンダー・ベイから湖越しに眺めると、まさに名前どおり水の上に巨人が仰向けに横たわっているかのよう。その形から、先住民の巨人伝説も残されています。 公園内には、20コースのハイキング・トレイルが整備されており、その総距離は80km以上。スペリオール湖の入り組んだ湖岸を歩いたり、メサの台上部まで登ったり、小さな湖を訪れたり、変化に富んだ風景を楽しむことができます。1〜3km程度の簡単なコースもあるので、初心者でも気軽に挑戦が可能。スペリオール湖の豪快な風景を堪能するなら是非ここへ。お弁当もお忘れなく!

Ouimet Canyon Provincial Park ウィメット・キャニオン州立公園

Homepage

展望台からのぞき込むと、足下から垂直に100mの断崖が谷間へと続いています。思わず足がすくむような光景。渓谷の対岸には、岩肌をむき出した絶壁が、やはり100mの高さの壁を作っています。まるでテーブル型の山がパックリと裂けてしまったかのような様相。この渓谷は、台状のメサ地形が、氷河などの浸食によってひび割れ、削られてできたもの。通常、このエリアは夏には30度ほどまで暑くなりますが、そんな時でも150mほどの幅の谷底は、日照の少なさや冷たい空気の停滞などによって氷が一年中とけることのない寒冷気候に維持されています。このため、そこにはなんと1000kmも北の北極圏の植物が生育しています。
人気のハイキングコースは、この渓谷を見下ろせるビューポイントへの1kmルート。途中2カ所に展望台があり、いずれも眺めは絶叫レベル。こんなに簡単に、こんなにスゴイところに来てしまっていいんでしょうか!?

Kakabeka Falls Provincial Park カカベカ・フォールズ州立公園

Homepage

カカベカとは、先住民の言葉で「急峻な崖」を意味する言葉。名前の通り、高さ40mの絶壁から膨大な水が流れ落ちています。その豪快な景観と轟音は、北のナイアガラの滝とも言われるだけあって十分に感動的。滝からは川の下流に向かって誰でも歩けるボードウォークがのび、さらにその先にいくつかのハイキング・トレイルが整備されています。中でも川沿いから崖を下って小さな滝まで歩く「リトル・フォール・トレイル」や、かつてこの川をカヌーで移動していた毛皮交易人たちが、滝を迂回するために重たい荷物を担いで歩いたという「マウンテン・ポータージ・トレイル」などの森林コースは印象的です。滝周辺の地層は大変古く、10億年以上前の化石も発見されています。

先住民の巨人伝説とシルバー・イスレット

サンダー・ベイから見えるスリーピング・ジャイアントはカナダの「七不思議」にも選ばれているミステリアスな景観。先住民オジブウェ族の様々な伝説も残されています。そのひとつをご紹介しましょう。
あるとき、深海の巨人精霊ナナビジョウは勤勉なオジブウェ族への褒美として銀が豊富にとれる「銀の小島」の場所を伝えました。ただし外国からきた毛皮交易人にこの秘密が漏れたらナナビジョウは石となるという約束もありました。やがて、オジブウェ族は銀を発見して大変美しい装飾品を持つようになりますが、それをうらやんだ他部族のスパイが村に潜入。まんまと銀を持ち出したうえ、途中で毛皮交易人に銀の秘密を明かしてしまいます。交易人はスパイと一緒に銀の小島に向かいますが、その晩激しい嵐が起こり、彼らは死んでしまいます。そして嵐の翌朝、湖の上には約束どおり、巨人精霊の姿が岩となって現れたのです。 この伝説に登場する銀の小島=シルバー・イスレットは、実際に銀が豊富にとれた島。スリーピング・ジャイアント州立公園を抜けていく珍しい立地で、ひなびた港には昔ながらの雑貨屋とティールームがあり、銀鉱として賑わった時代の住宅も何軒か残っています。ちょっとしたタイムスリップ感覚を楽しめる空間です。