アクセスマップ

湖でソフト・アドベンチャー

水と緑の豊かな自然に恵まれたスペリオール湖北岸一帯は、オンタリオ州だけでなく、世界のアウトドアファンに人気のエリア。その拠点となるサンダー・ベイには、自然の中で遊ぶのに必要なものをレンタル&販売してくれる「アウトフィッター」がたくさんあります。また、様々なガイドツアーも行われており、全くの初心者でも本格的なアウトドア体験を楽しむことができます。その種類は実に豊富。夏ならゴルフ、フィッシング、カヌー、ダイビング・・・。冬でもスキー&スノーボード、クロスカントリー・スキー、スノーモビル、アイスクライミングなどなど。じっくり滞在してスポーツ三昧の休暇を過ごすのもオススメです。

オススメのアクティビティ

Sailing セイリング

Homepage

春から秋にかけて、サンダー・ベイのマリーナには豪華なクルーザーやヨットがたくさん停泊します。ローカルの船はもちろん、北米各地から内陸水路を巡ってここまでやってくる船も少なくありません。そんなダイナミックなクルージングやセイリングの醍醐味を手軽に満喫させてくれるツアーはいかがでしょう。例えば人気の「セイル・スペリオール」では、豪華ヨットで楽しむ1時間半のハーバー・ツアーをはじめ、4〜8人でのチャーター・セイルなどが可能。チャーターする場合、あらかじめケータリングのオーダーをしておけば、仲間うちでのランチやディナーを楽しみながらのセイリングも可能です。同社ではセイリングのレッスンも各種行っています。

Canoe & Kayak カヌー&カヤック

Homepage

オンタリオ州の水辺で必ず見かけるのが、カヌーとカヤック。どちらも先住民の時代から伝わる伝統的なボートです。カナダでは、これらに乗って川から湖へとつなぐ長大な水路を巡り、何日間もキャンプをしながら旅するスタイルも人気。サンダー・ベイにもカヌーやカヤックのアウトフィッターはたくさんあります。例えば「ワイルド・ウォーターズ・カヌー&カヤック」は、街の中を流れるマッキンタイヤ川からスペリオール湖に出て、スリーピング・ジャイアントを眺めながらパドリングが楽しめるガイドツアーも行っており、オススメです。初心者は、まず安全なところで30分ほどのレッスンが受けられます。

サンダー・ベイを自在に楽しめる日本語OKのツアー

サンダー・ベイ周辺を、レンタカーがなくても、英語がニガテでも存分に楽しむためには、日本語によるガイドツアーを利用するのがオススメです。
オンタリオ・アウトドア・アドベンチャーでは、サンダー・ベイのアウトドア体験から観光まで、日本語対応のガイド&ドライバーによるツアーを提供しています。ツアーは人数に応じてミニバンからバスまで最適なクルマを用意。内容は、それぞれの希望に応じて事前に相談しながら決められます。2名から対応可能。料金は内容によって異なりますが、リーズナブルに押さえるには、4人以上での利用がベストです。
また、英語のみとなりますが、ローカルのガイド会社レイク・スペリオール・ビジットでも2名から申し込み可能なガイドツアーを行なっています。英語のガイドで問題のない方はこちらもチェックを。

5000kmを走った義足のランナー、テリー・フォックス

カナダのもっとも偉大なヒーローとして選ばれているテリー・フォックスをご存じでしょうか。ブリティッシュ・コロンビア州で育った彼は大学時代に癌で片足を失い、それを期に癌研究の資金を集める基金を設立します。1980年の4月、彼は100万ドルの寄付金を目標に、カナダの東端から西端まで、約8500kmを横断する「希望のマラソン」(Marathon of Hope)をスタート。痛みと闘いながら毎日フルマラソンと同じ42kmを走り続けました。ところが143日目の9月5日、約5400kmまで走ったところで、肺への癌転移により入院を余儀なくされます。そして翌年1981年6月28日、22歳の若さでこの世を去りました。
彼の死後も、その情熱は多くのカナディアンに引き継がれました。テリー・フォックス基金は今も続けられ、また毎年9月にはカナダ全土で記念イベント「テリー・フォックス・ラン」が開催されています。
サンダー・ベイは彼が走るのを断念し苦渋の選択をした土地。郊外の、スリーピング・ジャイアントを眺める高台には、このテリー・フォックスの記念モニュメントが建っています。