もっと自由に街遊び!「トロント」

トロントトップ

  • トロントの基本
  • アクセス
  • ホテル
  • 見どころ&アトラクション
  • ショッピング
  • グルメ情報
  • エンターテインメント
  • イベントカレンダー
  • マップ

Cool Spotsトロントの見どころ&アトラクション

どこも外せない! 選りすぐりの人気スポットばかりです。

文化系アトラクション

オンタリオ美術館(AGO) Art Gallery of Ontario

http://www.ago.net

北米でも最大級の美術館のひとつで、紀元後100年頃から現代にいたるまでの芸術作品を79,000点以上も所蔵。トム・トムソンやグループ・オブ・セブン、エミリー・カーなどのカナディアン・アーティストの作品も多数展示しています。カフェやレストランも併設しているので、のんびり時間をかけて鑑賞するのにぴったり。2008年、世界的建築家でトロント出身のフランク・ゲーリーによって増築され、建物も含め見ごたえはさらにアップ!

ロイヤルオンタリオ博物館(ROM) Royal Ontario Museum

http://www.rom.on.ca

観るだけでなく、体験しながら楽しめる博物館。中国やヨーロッパから集められた世界中の美術品を所蔵。その他、恐竜をはじめとする自然科学や、古代エジプトのミイラなど考古学に関する展示もあり。近年、リノベーションにより追加されたMichael Lee-Chinクリスタルの外観が斬新で、それ自体がまるで芸術品のようです。

バータ靴博物館 The Bata Shoe Museum

http://www.batashoemuseum.ca/

10,000点を超える靴を展示。アフリカやアジア(日本からも!)、南米などから集めた様々な靴からは、その地域の人々の歴史が垣間みれます。紀元前の靴など歴史的なものをはじめ、プレスリーなど有名人が履いていた靴も展示。靴好きの方はもちろん、ちょっと珍しいものをみたいという人にぜひオススメ。

ホッケーの殿堂 Hockey Hall of Fame

http://www.hhof.com/

カナディアンが何より大好きなスポーツといえばアイスホッケー。歴史に残る選手やコーチがここに殿堂入りをします。昔の試合の様子が見られるシアターや、実際にプレイヤー気分も味わえるアトラクションなどがあり、見て遊んでホッケーの楽しさを体験できる場所。毎シーズン優勝チームに贈られるスタンレーカップも見られます。

マクマイケル・カナディアン・アート・コレクション McMichael Canadian Art Collection

http://www.mcmichael.com

ダウンタウンの北、豊かな林の中にある美術館。芸術ファンだった篤志家マクマイケル夫妻の屋敷が、そのプライベート・コレクションごとオンタリオ州に寄贈され、博物館となりました。夫妻と親交もあったというトム・トムソンやグループ・オブ・セブンの作品を中心に、先住民やイヌイットの芸術品などカナディアン・アート約6,000点を展示しています。作品を通じて、カナダの歴史や文化を感じてみては?

トロント市庁舎 Toronto City Hall

http://www.toronto.ca/city_hall_tour/index.htm

カーブを描いた2棟の建物が特徴で、トロントを代表する現代建築としても有名。夏のジャズ・フェスティバルや冬のウィンター・シティ・フェスティバルなど、市庁舎前のネイサン・フィリップス広場では時期によっていろいろなイベントが開催されます。またすぐ隣には19世紀に建てられた石造りの旧市庁舎も残されており、こちらは歴史的建造物として見ごたえがあります。

オンタリオ州議会議事堂 Legislative Assembly of Ontario

http://www.ontla.on.ca/web/home.do

19世紀後半に建てられたロマネスク様式の建物。緑豊かなクイーンズ・パーク内にあり、散歩がてら訪れるのにぴったり。議事堂の前には、カナダ初代首相ジョン・A・マクドナルドの銅像も。様々なタイプのツアーが行われており、壮麗な内部も見学できます。

カーサ・ロマ Casa Loma

http://www.casaloma.org

20世紀初めに造られた大邸宅。ナイアガラ川の水力発電で富を得た資産家のヘンリー・ペラット卿がかねてから夢であった城をイメージして建てたもの。部屋は98部屋もあり、印象的な塔や秘密の通路、5エーカーの庭など見どころ満載。ちなみにペラット氏はこの屋敷の建築後に破産してしまい、ここに生活したのは10年ほどだったとか。大富豪のさまざまなエピソードに触れながら、見学が楽しめます。

PAGE TOP

体験系アトラクション

CNタワー CN Tower

http://www.cntower.ca

高さ553mのタワーは、トロントのランドマークであり、また一番人気の観光スポット。もっとも高い位置の展望台「スカイ・ポッド」は地上447mの場所に。また、2011年夏からは、展望台の外を歩く「エッジ・ウォーク」も新アトラクションとしてお目見えしました。地上351mの回転展望レストランや、床がガラス張りでスリリングな「グラスフロア」など、楽しみもいっぱい。まわりの建物に比べても格段に高く目立つため、もしダウンタウンで道に迷ったら、目印としてまず探してみるのも手。

リプリーズ水族館 Ripley’s Aquarium of Canada

https://www.ripleyaquariums.com/canada/

CNタワーの足元にできた人気水族館。内部は回遊式になっており、カナダの水生動物が観察できる「カナディアン・ウォーターズ」からスタートし、巨大なサメが見られる「デンジャラス・ラグーン」、エイなどが悠々と泳ぐ「ラウイ・ベイ」、カラフルなクラゲがいっぱいの「プラネット・ジェリーズ」など、たっぷりと堪能できます。子供はもちろん大人もつい夢中になってしまう楽しさです。

フォート・ヨーク Fort York

http://www1.toronto.ca/wps/portal/contentonly?vgnextoid=b59c2271635af310VgnVCM10000071d60f89RCRD

ダウンタウンに突然出現する歴史テーマパークで、高層ビルの狭間の異空間といった雰囲気。もとはアメリカからの攻撃を防ぐため、イギリスが造った要塞。1812年の戦争で破壊されましたが、その後再建。現在は、19世紀当時の様子を再現しています。

トロント動物園 Toronto Zoo

http://www.torontozoo.com

世界でも大きな動物園のひとつで、広大な敷地には5,000頭以上の動物がいます。極力自然に近い状態で飼育されている姿は迫力あり。カナダの動物エリアにはムースやホッキョクグマなども。

オンタリオ・プレイス Ontario Place

http://www.ontarioplace.com

ダウンタウンの西、オンタリオ湖畔の埋め立て地に広がる巨大アミューズメントパーク。ファミリーで遊べるアトラクションやレストラン、大人も楽しめる絶叫マシンやプールゾーン、屋外型コンサート会場(モルソン・シアター)やIMAXシアターなどがあり、たっぷり満喫できる場所です。遊園地のオープンは5月中旬〜9月末。

ヘリコプター遊覧飛行

■トロント・ヘリ・ツアーズ Toronto Heli Tours

http://www.helitours.ca/

■ナショナル・ヘリコプターズ National Helicopters

http://www.nationalhelicopters.com/niagara/charter1.php

空の上からダウンタウンや観光スポットを一望。市内上空遊覧をはじめ、ナイアガラへの往復など、各種ツアーが揃っています。摩天楼に空から近づくのは大迫力。ヘリコプターならではのエキサイティングな観光が堪能できます。

PAGE TOP

街並み&ストリート

トロントの魅力は、個性あふれる街並みそのものの面白さにもあります。1日いてもたっぷり楽しめる市場やエスニックタウンなど、思う存分満喫してみてください。

2大マーケットの情報

セント・ローレンス・マーケット、ケンジントン・マーケットの徹底ガイド。

個性派ストリートやエスニックタウンの情報

ハーバーフロント、ディスティラリー・ディストリクト、チャイナタウン、リトルイタリーなど、トロントの人気エリア、ユニークエリアをご紹介。

トロントで世界の味めぐり!

多文化の街だから実現。各国料理をとことん食べ歩きしてみませんか。