トロント 〜トロントっ子のカジュアルリゾート、ピーターボロ&カワーサ地方〜

カヌーやカヤックをテーマに訪れるのもおすすめ!

複雑な形をした湖が点在し、トレント・セバーン水路をはじめたくさんの運河や川が巡っているこの地方では、古くから水上交通の文化が発達してきました。19世紀にはカナダのカヌーやボート製造業者の2割近くがここに集まっていたといわれます。このため、街にはカヌー博物館をはじめ、水辺に関係のある見どころが少なくありません。観光もアクティビティも、これらをテーマに楽しんでみては。トロントのすぐ近くなのに、都市とは全く違った時間が楽しめます!

主な見どころはこちら

The Canadian Canoe Museum カナディアン・カヌー博物館

Homepage

世界でも唯一、カヌーをテーマにした博物館。カヌーは、広大なカナダで欠くことのできない移動手段であり、歴史の中でも重要な役割を果たしてきました。ここはその背景や文化が丸ごとわかる施設です。各地の先住民や極北地方のイヌイットが昔から使っていたカヌーをはじめ、開拓時代、毛皮取引に使われた大型のボヤージャーカヌー、そして世界のさまざまなタイプのカヌーが一同に集められており、見応え十分。カヌーファンならずとも楽しめます。

Peterborough Lift Lock ピーターボロ・リフト・ロック

Homepage

この地域を流れるトレント・セバーン水路には、地形の高低差を克服してボートの通行を可能にするため、何か所かにロック(水門)が設けられています。中でも面白いのがこのピーターボロ・リフト・ロック。日本語で言うと水圧式昇降水門、あるいはもっと簡単に運河エレベーターと呼ばれるもので、ボートが入った巨大水槽を、わずかな水の力を利用して19.8mも持ち上げたり下げたりしながら水位の高低差を調整してくれるシステムです。完成は1904年ですが今も現役で活躍中。国定史跡としてパークス・カナダに管理されており、水路が開通する5月中旬から10月上旬まで稼働。そのダイナミックな水の動きを目の前で見ることができます。
リフト・ロックのレポートはコチラ

Peterborough Museum & Archives ピーターボロ博物館&文書館

Homepage

この周辺には2万年前から先住民が住んでいたといわれ、彼らは自然と共存しながら独自の文化をはぐくんできました。街ができたのは19世紀になってから。1818年以降、スコットランド人やアイルランド人が入植してからのことです。その名前は、当時の街づくりの指揮をとった政治家ピーター・ロビンソンに由来しています。この博物館では、こうした歴史を回廊式に展示。ひとつの小さな街が出来上がるまでのストーリーを、時代ごとの生活道具などを見ながら、興味深くたどることができます。

Hutchison House ハッチソン・ハウス

Homepage

ピーターボロでももっとも古い建物のひとつとして大切に保存されているこの家は、1837年にスコットランドから移住した医師のジョン・ハッチソンとその家族のために建てられたもの。地元の石灰石を使った3階建てで、暖炉のあるキッチンや貯蔵庫、ビクトリアスタイルのパーラーやハッチソンのオフィスなど、内部は当時のままに再現されています。
また彼のいとこで、カナダ太平洋鉄道の技師であり、また地球を24分割して世界標準時を提案したことでも知られる発明家のサンドフォード・フレミングも一時ここに同居しており、2階にはその寝室も保存されています。
7〜8月の午後には当時の衣装を身に着けたスタッフによるスコーン付スコティッシュ・ティーのサービスも(シーズン以外でも事前予約でティーサービスが可能です)。

Whetung Ojibwa Centre ウェタング・オジブワ・センター

Homepage

この地域に住む先住民オジブワ族を中心に、州内の先住民の工芸品やアートを集めたギャラリー。鹿革のモカシンやヤマアラシの針で装飾したカゴ、ドリームキャッチャーなど伝統的な作品をはじめ、トートバッグやマグ、アクセサリーなど新しいデザインのものも多数揃っています。ギャラリー内では実際にアーティストたちが作業を行っており、彼らから直接、興味深い話を聞くこともできます。

リゾートをベースにおすすめのアクティビティ

ピーターボロでは、のんびりとリゾートに滞在して、カヌーやカヤックなどを楽しむのがおすすめの過ごし方。特に湖畔のリゾートでは、これらのウォーターアクティビティが充実しています。
このほか、マウンテンバイクやロードバイクでのサイクリング、フィッシング、気球やウルトラライト・プレーンなどのスカイスポーツ、そして冬にはクロスカントリー・スキーや湖でのアイスフィッシングなどが大人気。これらのツアーや道具のレンタルを行うアウトフィッターも多く集まっています。
アウトフィッターなどの詳しい情報はコチラ

また、トレント・セバーン水路でのボートクルーズや、ハウスボートをレンタルしてののんびり旅もぜひ。