トロント 〜トロントっ子のカジュアルリゾート、ピーターボロ&カワーサ地方〜

リゾートならではのくつろぎムード満点! スローなレストラン&ホテル

ピーターボロ周辺は、豊かな農場地帯でもあり、新鮮な野菜やフルーツ、そして肉類には事欠きません。地元素材にこだわった健康的な料理を提供するレストランも多く、トロントからバカンスに訪れる人々にも大好評。素朴で気取らずに入れる店が多いのも魅力です。

おすすめレストラン&カフェはココ!

Rare Grill House レア・グリル・ハウス

Homepage

ステーキハウスとして人気のこの店のコンセプトは、動物のあらゆる部位をおいしく食べること。サーロインやテンダーロインなどの一般的なメニューはもちろん、タンやテールなど、珍しい料理が日替わりで並びます。たとえば、頬肉のシチューなどはオーナーシェフのワット夫妻が2日以上かけて煮込むなど、手間と時間がたっぷり注ぎ込まれています。肉も野菜も地元の契約農家から取り寄せたもの。「とくに35歳以下の若いファーマーから食材を買っています。このエリアの農業発展に貢献したいから」という志の強さも、料理のおいしさに表れています。

Elements エレメンツ

Homepage

スパニッシュ・テイストをベースに食材の個性を活かしたオリジナル料理で人気の店。ピーターボロ周辺を中心に、オンタリオ州内の契約農家から直接取り寄せたナチュラル&オーガニック食材を利用。しかもジャムやドレッシング、ソースに至るまで、すべて自家製で、保存料などを使っていないのが自慢です。季節の味を大切にするため、メニューは数週間ごとに変わり、また地元の湖の魚やシカ、ウズラなどのゲームミートが手に入った日にはスペシャルメニューも登場します。カジュアルながらもゆっくりくつろげるインテリアも好評。

The Kawartha Dairy Company カワーサ・デイリー

Homepage

ピーターボロを訪れたら、絶対に食べたいのがここのアイスクリーム。カワーサ地方の北東部、ボブケイジャンという小さな街にある酪農工場の直営店で、ピーターボロをはじめ、周辺数か所に出店しています。フレッシュなミルクとクリームをふんだんに使ったアイスクリームはなんとも濃厚。40種類以上のフレーバーがあり、選ぶのに迷ってしまうほどです。またバターや牛乳、エッグノッグなどの乳製品も、豊富に揃っています。

伝統のコテージ・ライフを体験できる「エルムハースツ・リゾート」

ピーターボロ一帯にはたくさんのリゾートホテルや貸別荘、B&Bが集まり、オンタリオ伝統ののんびりとしたコテージ・ライフを堪能することができます。
なかでもこのエルムハースツ・リゾートはその代表格。農場兼釣り人用キャビンとしてスタートし、以来現在のオーナーで3代目という、長い歴史を持つ家族経営のリゾートです。古き良き時代の素朴さを残し、都会的なリゾートとは一味違った居心地の良さが味わえる空間。
ライス・レイクのほとりに広がる広大な敷地には、プライベート感満点のコテージが30棟。それぞれにリビングやキッチン、ダイニングルームが完備され、家族やグループで長期滞在するのに最適です。また全棟が湖に面しており、目の前のドックから直接カヌーやカヤックで漕ぎ出すことも可能。湖でのウォータースポーツに加え、テニス、バスケット、乗馬、ハイキングなどアクティビティも充実。冬にはクロスカントリースキーやスノーモビルのツアーなども楽しめます。巨大なワインセラーや優雅なメインダイニングルーム、プール、スパも完備。プライベート滑走路があり、トロントなどから自家用飛行機での送迎も行っています。

Elmhirst's Resort

その他、ピーターボロ&カワーサ地方のホテルやコテージ情報はこちら