オンタリオMAP

「美酒地帯」で滞在&味わう

自動車産業などが盛んなウィンザーには、ビジネスマンの旅行者も多いため、北米の定番ホテルが多数そろっています。 また、のどかな田園風景が広がるピーリー・アイランドで泊まるなら、素朴な雰囲気たっぷりのB&Bがオススメ。エリー湖北岸エリアのワイナリーめぐりには、移動に便利な街キングスビルにあるカントリーインへ。夜は、地元産ワインが楽しめるレストランで締めくくり。

滞在の拠点にオススメのホテル&カントリー・イン

ウィンザー

Caesars Windsor シーザーズ・ウィンザー

Homepage

年間600万人を集める人気カジノ(前カジノ・ウィンザー)のホテル。きらびやかなロビー、6カ所のレストラン、広大なフィットネスセンターなど、豪華さはウィンザー随一。

ウィンザー

Holiday Inn Downtown ホリデイ・イン・ダウンタウン

Homepage

最近改築されたばかり。最新設備が導入されたシンプルで使い勝手のよい部屋と、充実した朝ごはんが食べられるので、とても快適です。

ピーリー・アイランド

Anchor Wheel Inn アンカー・ホイール・イン

Homepage

レストランとB&B、バンク・ルーム(大部屋+簡易ベッド)、キャンプサイトがあり、夏にはリゾート客、秋にはハンターたちに人気のカントリーイン。決して豪華ではないけれど、海辺の民宿といった素朴さが魅力。レストランにディスプレイされた海に関する数々のオブジェがとても印象的。多くはオーナーのマークさんがフロリダやタイなど世界のビーチで集めたモノ。なお、営業は4月〜11月。冬の間はお休みなのでご注意を。

キングスビル

Inn 31 イン31

Homepage

ジャックス・ガストロパブに併設されたB&B。3部屋あり、いずれもシックな調度品に赤をスパイスカラーとして効かせたモダンなインテリア。暖炉、クィーンサイズのベッド、そしてバスルームにはジャクージーバスも供えられ、とても快適! 料金は1室C$79〜129で、コンチネンタル・ブレックファストがついています。

地元の味を満喫できるレストラン

ウィンザー

Papa Cheney's パパ・チェニーズ
住所:63 Riverside Drive East, Windsor TEL:519-258-1334 (ウェブサイトはありません)

2003年にオープンしたスポーツ・パブ。倉庫のような店内には、テレビモニターが4台もあり、アイスホッケーなどのスポーツ観戦で常に盛り上がっています。カナディアン・クラブの地元というだけありオススメのドリンクは、3ショット分(!?)のカナディアン・クラブ・ウイスキーが入った「Fish Bowl(金魚鉢)」。近くで働くビジネスマンや、対岸デトロイトから来るお客さんでひしめき合い、旅行者も一緒に巻き込まれながら楽しめます。

キングスビル

Jack’s Gastropub ジャックス・ガストロパブ

Homepage

キングスビル一帯で支持されていた自然保護活動家、ジャック・マイナーにちなんだお店。50年代からのレコードジャケットや自転車や傘などで装飾された店内は、独特の統一感と雰囲気で人気です。地元産のワインや野菜をメインに利用。カナディアン・クラブ・ウイスキーをソースに使ったチキンウィングやキッシュ、サラダなど、それぞれボリュームがあり、カジュアルに楽しめます。天気のいい日、外にはアイスクリームバー「ジャックス・フロスト」もオープン。

キングスビル郊外

Colasanti’s Tropical Garden コラサンティ・トロピカル・ガーデン

Homepage

レストランだけでなく、農場やペット動物園、植物園、ミニ遊園地まで一緒になっていて大変ユニークです。名物はフライドチキン。揚げたてのチキンとスープ、コールスローなどが食べ放題のランチタイムが評判です。